パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

パチンコホールの廃業数、2018年1年間で571店舗に

投稿日:

全日遊連はこの度、組合加盟店舗の実態調査結果を発表。2018年1年間で(組合加盟の)廃業店舗数が合計571店舗に上ることが分かった。

長引く業界不況や新規則施行の影響もあり、2018年もパチンコホール数は減少傾向が続いた。2018年12月末時点における営業店舗数は9,237店舗で、前月比より27店舗減。12月は例年、グランドオープンやリニューアルオープンが多い月となるが、2018年12月の新規店舗数は8店舗(昨年同期は21店舗)にとどまり、反対に廃業店舗数は44店舗に上った。このほか、休業店舗数は同月末時点で122店舗あり、うち19店舗が同月発生分となる。

2018年1年間の廃業店舗数は571店舗と、新規店舗数111店舗に比べて大幅に多い。月単位で見た場合、廃業店舗が最も多い月が2018年3月で69店舗、最も少ない月が2018年9月で33店舗だった。一方、新規店舗数は、最も多い月が2018年4月の29店舗、最も少ない月が2018年10月で0店舗となっている。新規店舗数が廃業店舗数を上回る月が2018年は一度もなく、店舗数はほぼ一貫して減り続けた。その結果、2018年12月末の店舗数は昨年同期比で444店舗の純減となっている。

遊技機の総設置台数は、ホール数の減少に伴い、パチンコ、パチスロとも減少傾向が続いた。2018年末時点での遊技機設置台数は、パチンコ242万622台、パチスロ153万7,510台、その他の遊技機が37台、遊技機総台数が395万8,169台。昨年同期比で総台数は10万2,073台の減少となっている。

-PICK UP, 業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.