パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

ダイナムPB機初の設定付き新規則機を発表

更新日:

㈱ダイナム(藤本達司代表取締役)は9月7日、 ㈱藤商事と共同開発したパチンコPB機「PA地獄少女 宵伽(よいのとぎ)設定付GO」を同社店舗に1,000台導入すると発表した。

同社初の6段階設定付き新規則機を「より幅広いファンの皆様に楽しんでいただきたい」という想いを込め、㈱藤商事と協働でスペック設計や企画立案を手がけたという本機。大当り確率は1/109.9とすることで獲得できる出玉を確保し、さらに継続期待値を高めるため大当り後のチャンスタイムは一般販売機の2倍にあたる30回(時短中の非確変大当り後は80回)とした。

また、筐体に描かれるメインキャラクター「閻魔あい」の意匠が、一般販売機のセーラー服に対し、PB機では「スクール水着」となっているほか、大当り後の演出時などにPB機専用の演出やスペシャルボイスが盛り込まれている。

スペックは、大当り確率1/109.9~1/82.9、確変突入率50%の確変ループタイプで、時短回数は30回or80回(時短中の非確変大当り後は80回)。大当り出玉は約430個(4R)or約970個(9R)となっている。

導入は9月18日より、全国のダイナムジャパンホールディングスの店舗へ順次開始予定としている。

©地獄少女プロジェクト/宵伽製作委員会

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.