パチンコ・パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

全日遊連、遊技機の音量・光量の調節機能で要望

更新日:

全日遊連(阿部恭久理事長)は4月18日、日工組、日電協にそれぞれ、パチンコ、パチスロ機の音量及び光量の調整機能について要望を出した。

要望の内容は、音量については①音量の調整範囲の上限値を各ホールで設定できるようにする(お客は各ホールが設定した上限値の範囲内で自由で設定できる)②音量の調整範囲は数値的に多段階とし、全メーカー共通とする③セキュリティ音(報知音)の音量は、設定値に比例して上下するようにすることの3点で、光量については調整範囲は多段階とすることを求めた。

先般、全日遊連がファンを対象に実施したアンケートでは、ホールに対する不満の大きな要因のひとつとして、40歳以上の層を中心にパチンコ、パチスロ機の「大きすぎる音」や「眩しすぎる光」を不快とする傾向が見受けられた。

パチンコ機は、日工組が音量に関する内規を制定しており、音量の上限を95dB以下と規定している。その上で多くのメーカーのパチンコ機が音量及び光量の調整機能を搭載。またパチスロ機も同様に、多くのメーカーのパチスロ機が音量及び光量の調整機能を搭載している。

しかし全日遊連では、その点を承知しつつも、調整方法や調整範囲についてメーカー毎に差異がある状況だと指摘。合わせて現状、多くのメーカーの遊技機の音量及び光量の調節について、お客が自由に設定できるため、ホール側で、異なるメーカーの遊技機を同一音量に合わせることができず、自店の環境改善が困難だと訴えた。こうしたことから今回、遊技機メーカー団体に対し、遊技機の音量及び光量について統一したルールの策定を求めた。

-PICK UP, 業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.