パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

pp奨学金、2018年度は22名に給付

投稿日:

社会福祉法人さぽうと21(吹浦忠正理事長)は4月4日、都内港区の国際文化会館にて「pp奨学金2018年度総会ならびに式典」を開催。奨学金給付決定通知書授与式の他、給付生22名によるスピーチや寄付企業に対しての感謝状授与が行われた。

式典の冒頭、挨拶に立ったpp奨学金委員会の深谷友尋委員長は「ピカピカの一年生が頑張っているこの春、奨学金の借金を抱え社会に出た人は2.6人に一人いるわけである。ゼロからのスタートではなく、マイナスからスタートを切るという悲痛な世の中でいいのでしょうか。逆に自分の立場に置き換えると、今の私があったのかさえ分からない。我々遊技産業は遊びの産業だが、その中にも明日の見える青少年の育成があるのではないかと常々考え、pp奨学金委員会設立に結びついたことは大変嬉しいこと。奨学生を1,000人、2,000人、10,000人と送り出せるような産業になっていくことで社会に貢献できるだろう。どうか趣旨を理解いただき、暖かく育て応援していきましょう」と述べ、今後も継続的な協力を呼び掛けた。

初めての一般公募となる今年のpp奨学金給付希望者は、大学院生や高校生など49名。書類選考の通過者に対しては委員が一人ひとり面接を実施し、その結果22名が給付生に選ばれた。

pp奨学金委員会の深谷友尋委員長

-業界ニュース, 社会貢献活動
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.