パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

16団体に総額約420万円の寄付・助成金を贈呈――都福祉事業協会

投稿日:2015年2月10日 更新日:

一般社団法人都福祉事業協会(森田昱代表理事)は2月10日、京都市中京区の京都ホテルオークラにて平成26年度寄付・助成金贈呈式を開催した。

これは、京都府遊技業防犯協力会(白川鐘一会長)の財源協力により、社会福祉事業を推進する京都府や京都市、各種ボランティア団体への支援を目的に平成15年より継続して実施している社会貢献事業で、今回で12回目となる。これまで延べ201団体へ総額約8,700万円の寄付・助成を行ってきた。

式典の冒頭、挨拶に立った森田昱代表理事は「お陰様で平成15年の設立以降、今回で12回目を迎えることが出来た」と関係者各位に感謝の言葉を述べるとともに、今後も同事業を継続していく方針を示した。

贈呈式では、京都市、全国車いす駅伝競走大会実行委員会、公益財団法人京都新聞社会福祉事業団に対しそれぞれ100万円を寄付。また、京都府下で活動するNPO法人や各種ボランティア団体など13団体に計119万2,000円の助成金を贈呈した。これに対し、京都市、全国車いす駅伝競走大会実行委員会、公益財団法人京都新聞社会福祉事業団の3団体から感謝状を受けた。

式典の最後には、寄付・助成金の受納団体を代表してNPO法人ふれあいほうむ“どうぞ”の小林敬子代表が「頂いた助成金を大いに活用し、これからも頑張って福祉のために尽くしていく」と謝辞を述べた。

-業界ニュース, 社会貢献活動
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.