パチンコ、パチスロ業界ニュース

鎮守の森のプロジェクト「育樹祭」に参加/東遊商

投稿日:

全商協所属の東遊商(中村昌勇理事長)の社会貢献委員会は9月23日、福島県相馬市で行われた「鎮守の森のプロジェクト 育樹祭」に参加した。

この「育樹祭」は、森の防潮堤を作るプロジェクトとして東日本大震災の被災地を中心に植樹活動を行っている公益財団法人 鎮守の森のプロジェクト(代表 細川護熙元首相)の活動のひとつとして行われているもの。今回は3年前に3,000人を動員して植樹を行った230mに渡る森の防潮堤予定地にて、生い茂った雑草を刈り取り、植樹した苗が太陽の光を浴びて成長出来るよう土壌を整備する取り組みとして開催された。

当日は1m前後に成長した苗木を丁寧に保護しながら、その周囲に自生した大人の背丈ほどある雑草をカマを使って刈り取ったり、植樹した樹木に絡んだツタを取り外す作業を4時間に渡って行った。

参加した委員の1人は「3年前に植えた苗木がここまで成長してくれた事がとても嬉しく思えた。5年後、10年後に立派な森に成長するのが楽しみ」と話した。

写真右から、事務局の島田氏、新井委員(理事)、根岸委員長(副理事長)、斎藤委員

-業界ニュース, 社会貢献活動
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.