パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【4/5導入】ぱちんこ GANTZ極【期待出玉約3,000個の小当たりRUSH】

投稿日:

オッケー.のパチンコ新台「ぱちんこ GANTZ極」(型式名:PぱちんこGANTZ極M3)の全国ホールへの導入が4月5日より開始される。

設置店検索はこちら

 

■SUPER小当たりRUSHに特化した極スペック/ぱちんこ GANTZ極

京楽産業.は3月10日、パチンコ新台「ぱちんこ GANTZ極」(製造元:オッケー.、型式名:PぱちんこGANTZ極M3)の発売を発表した。本機は人気を博す「ぱちんこGANTZ」シリーズの最新作。スペックは大当たり確率約1/319.9のミドル&V確ループタイプで、シリーズ史上最強のSUPER小当たりRUSH搭載が最大の特徴。一度SUPER小当たりRUSHに突入すれば、期待出玉約3,000個が約72%でループする極スペックとなっている。

■基本スペック
・大当たり確率 約1/319.9→約1/114.0
・賞球 3&1&3&5&15
・確変率 45%→70%
・ラウンド 2Ror10R(10C)
・出玉 300個or1,500個
・時短 0回or30回
・遊タイム 低確率950回転消化で時短100回

通常時からSUPER小当たりRUSH突入へは、「超GANTZ BONUS極」獲得or「最終決戦BONUS(確変or通常)」での演出成功がメインルート。「最終決戦BONUS」では、“ぬらりひょん”とのRUSH突入をかけたバトルが行われ、“ぬらりひょん”の形態変化が勝利期待度を示唆、最終形態なら大チャンスだ。また初回大当たりが「リベンジBONUS」なら確変or時短30回となり、確変であれば30回消化後にSUPER小当たりRUSHに突入する。

本機最大の見せ場「超GANTZ EXTRA」は、シリーズ史上最強のSUPER小当たりRUSHと銘打っており、図柄揃いは全て「超GANTZ BONUS極」+SUPER小当たりRUSHだ。期待出玉は大当たり約1,500個+SUPER小当たりRUSH平均約1,500個の約3,000個で、それらが継続率約72%(時短30回引き戻し込み)でループする、まさに極スペックに仕上がっている。

導入開始は4月5日を予定している。

ぱちんこ GANTZ極_筐体

©奥浩哉/集英社 ©奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 ©OK!!

 

■シリーズ史上最強のSUPER小当りRUSH搭載「ぱちんこ GANTZ極」機種サイトとPVが公開/京楽産業.

ぱちんこ GANTZ極

京楽産業.は10日、パチンコ新台「ぱちんこ GANTZ極」(製造元:オッケー.、型式名:PぱちんこGANTZ極M3)の機種サイトとプロモーションムービーを公開した。

本機は「ぱちんこ GANTZ」シリーズの最新作。大当り確率約1/319.9のミドルタイプで、期待出玉約3000個が約72%でループする、シリーズ史上最強のSUPER小当たりRUSHを搭載した極スペックで登場する。4月5日よりホール導入開始予定。

機種サイトとPVでは、スペックやゲームフローなどを確認することができる。

「ぱちんこ GANTZ極」機種サイトPV:https://www.ok777.co.jp/lineup/gantz_kiwami/?utm_source=officialnews&utm_medium=referral&utm_campaign=officialnews

「ぱちんこ GANTZ極」PV:https://www.youtube.com/watch?v=h1D1m05Ka30

 

■パチンコ新台「ぱちんこGANTZ極」発売、PVが公開

フィールズは18日、パチンコ新台「ぱちんこGANTZ極」(製造元:株式会社オッケー.)を全国発売することを発表。フィールズ公式Twitterでは最新PVが公開された。

「GANTZ」は、2000年から2013年まで「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載された、奥浩哉氏によるコミック累計発行部数2400万部(2020年12月時点)を超える人気マンガ作品。死んだはずの人間たちと謎の星人との壮絶な死闘を描いた世界観や個性溢れる登場人物などが人気を集めており、ノベライズ、アニメ、ゲームなど、多様なメディア展開でファンを創出する人気コンテンツだ。

「ぱちんこGANTZ」シリーズは、これまでに「ぱちんこGANTZ」(2017年)、「ぱちんこ GANTZ:2」(2019年)が発売され、いずれも人気を博してきた。また「ぱちんこ GANTZ:2」の甘デジバージョン「ぱちんこ GANTZ:2 Sweet ばーじょん」は2月22日にホール導入開始される。本機はこれに続くシリーズ3作目として登場する。なお2018年にはパチスロ機もリリースされている。ホールへは4月より導入開始予定。PVでは出玉期待値や継続率約などスペックの一部も明らかにされている。

©奥浩哉/集英社 ©奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 ©OK!!

-新台
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.