パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

同社初の設定付きは変則転落タイプ/P平家物語RELOADED

投稿日:2019年2月8日 更新日:


豊丸産業は2月8日、都内台東区のショールームにて、パチンコ新台「P平家物語RELOADED」のプレス向け説明会を開催。

2001年に発売された「CR平家物語」の正統後継機である本機は、長時間に及ぶ過度な演出を排除し、発展した時点でアツいSPリーチや音と演出を融合させた初代DNAを継承。遊び易さを追求した「遊moreコレクション」シリーズであり、3段階設定という新しい時代に合わせたスペックへと変貌を遂げている。保留先読みの有or無、演出モードの新or旧と好みの演出タイプをLRボタンでカスタマイズが可能となっており、新規ファンはもちろんのことオールドファンも納得できる仕様に仕上がった。

通常時or電サポ中どの状態からの大当たりでも60%が最大ラウンドである点も特徴で、電サポ中は全ての大当たりに電サポ100回転が付与。転落1/53.0を引いていなければ100回転後に画面上で高確率状態を示唆するなど、「CRセクシーフォール」で支持が厚かった、目で見て分かる転落抽選を採用した。

大当たり確率は1/145.6(設定1)、1/139.7(設定3)、1/129.8(設定5)の3段階。突入率100%の確変機であるが、初当たり時の67%は潜伏状態になるため、いかに早く電サポ100回転大当たりを引くことが出来るかがゲームのカギを握っている。

-新台
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.