パチンコ・パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

シリーズ最新作は自力性重視/ベルコ「鬼浜爆走紅蓮隊 愛」

投稿日:

ベルコ㈱(国本籍雄代表取締役)は1月30日、都内台東区の同社上野ショールームでパチスロ新台「鬼浜爆走紅蓮隊 愛」のプレス発表会を開いた。

4号機時代から続く人気シリーズの最新作となる本機。鬼浜史上最強「鬼愛(きあい)SPEC」を搭載し、「愛」をテーマにした新しい鬼浜シリーズ機に仕上がった。

ゲーム性はボーナス+ARTで構成され、純増174枚のボーナスを引けば約40%の確率でART「狂乱麗舞」に突入。ARTは純増約2.0枚の枚数管理型となり、自力性の高い「鬼カードチャレンジ」で初期枚数を決定。消化中はレア役等で枚数上乗せを抽選するほか、枚数上乗せ特化ゾーン「コウヘイ苦RUSH!」やARTストック上乗せ特化ゾーン「鬼神乱舞」への突入が期待できる。

プレス会で同社の国本籍雄代表取締役「新基準機と旧基準機が併存するなか、ホール様に提案したいのは、新しい海には新しい船を使って欲しいということ。5.5号機全体の稼働は良くないと聞いているが、本機は色んな点を改良している。新しい流れを弊社で切り開いていきたい」と挨拶。新基準機を軸とする新しい営業手法の確立を呼びかけた。

1

国本籍雄代表取締役(写真右)




-新台
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2017 All Rights Reserved.