パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

高い継続性と自力感がウリ!――SNKプレイモア「ビーストバスターズ」

投稿日:2015年8月17日 更新日:

1㈱SNKプレイモア(外山公一代表取締役)は8月17日、都内台東区のパセラリゾーツ上野公園前店で新機種「ビーストバスターズ」のプレス発表会を開いた。

本機の原作は、1989年にSNKよりアーケードゲームとして登場。ゾンビゲームの先駆けとして人気を博し、以降、様々なゲーム媒体で続編が作られ、現在もスマホのアプリとしてリリースされるなど人気を継続中だ。

ビーストを撃ちまくる快感、爽快感を本機ではART「ビーストラッシュ」で再現。「ビーストラッシュ」は7ゲームワンセットのバトルゾーンを軸とし、バトルで勝ち続ける限りARTが継続するループ仕様。継続率が89~99%と非常に高いのが特徴的で、バトルの勝敗のカギを握るバレット(弾丸)をプレイヤー側が保有する限り、バトルは続いていく。

基本スペックはA+ART機。ART中の純増は約1.4枚で、ボーナスは4種類。プレミアムボーナスの「エクストラショック」を引けば、ART突入確定に加え、ART継続のカギを握るバレットの大量獲得が期待できる。

同社の外山公一代表取締役はプレス発表会で、本機をアピールするとともに、同社の今後について触れ、「弊社は今年8月6日、中国に拠点を置きオンラインゲームを開発・運営するパーフェクトワールド社の子会社であるレドミレニアム社と資本提携を行った。その目的はパチスロやゲームなどのエンタテインメント事業の競争力強化と、中国市場における弊社IPのライセンスビジネスのより一層の強化拡大だ。パチスロ事業は今後、弊社IP並びに他社IPも含めて、より開発を強化したい。弊社はパチスロメーカーであると同時にゲームメーカーでもある。ゲームファンをパチスロに導くことで、ファン人口の回復に寄与できると考えている」と、今回の資本提携がパチスロ事業の更なる強化に繋がると説明した。

画像 外山公一代表取締役社長(写真右)、上野和司執行役員営業本部長(写真左)

SNKプレイモア

-新台
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.