パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】マカオの次期カジノライセンスは7社による6枠争奪戦に ゲンティンが再び新規参入に名乗り(WEB版)/勝部悠人

投稿日:2022年10月24日 更新日:

目下、マカオでは現行カジノ運営コンセッション(カジノライセンス)の満期(2022年12月31日まで)に伴う次期コンセッションの入札手続きが進められており、内外から大きな関心が寄せられている。以前に本コラムでもご紹介させていただいた通り、政府は現行契約の延長というかたちではなく、再入札としているのが大きな特徴で、昨年後半から法改正などの準備が進められてきた。その集大成として、次期コンセッションの入札が今年7月29日からスタート。9月14日午後5時45分に締め切られ、現行ライセンス事業者6社に新規参入1社を加えた計7社が入札書を提出した。

入札書を提出した事業者は下記の通り(提出順)。①Wynn Resorts (Macau) Limited、②Venetian Macau Limited(サンズ)、③Melco Resorts (Macau) Limited、④SJM Resorts, Limited、⑤MGM Grand Paradise Limited、⑥Galaxy Casino Company Limited、⑦GMM Limited

①~⑥が現行ライセンス事業者、⑦が新規参入のマレーシアを本拠とするGenting Group(ゲンティングループ)関連企業とのこと。ご存知の通り、ゲンティングループは米国ラスベガス及びニューヨーク、マレーシア、英国、シンガポール、ギリシャなどでカジノ事業を展開する世界的レジャー企業で、「リゾートワールド」のブランド名で知られる。同社は21社が参加した前回(2001年)の入札にも名を連ねており、今回が二度目のマカオのカジノライセンス獲得チャレンジとなる。

マカオ政府のカジノ経営コンセッション競争入札委員会は9月16日午前10時から開札手続きを行った。委員会メンバーと7社の代表者らが出席し、同日午後6時40分に終了。委員会は開札結果について、6社が受理、1社が条件付きで受理と発表した。条件付き受理となったのはGMM Limitedという。

委員会主席でマカオ政府行政法務庁の張永春長官は開札手続き開始前の会見において、今後の流れとして、開札結果が受理となった入札参加社との協議、諮問及び審査を経て、年末までに選定を終える予定を示している。

また、次期コンセッションの契約期間は最長10年で、枠の数は最大6とされており、枠数を上回る7社が入札に参加していることについては、張氏は行政長官令及び関連法で最大6枠と規定されているため、6という数字は不変であるとコメントした。

次のページへ >

-コラム
-, , ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.