パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【寄稿】木村よしおさんを励ます集い(WEB版)/POKKA吉田

投稿日:2022年5月23日 更新日:

今月、来月分の原稿では参議院議員選挙前ということなので、政治の話を触れようと思う。

5月12日、木村よしお先生を励ます集いが開催された。業界の主要団体がすべてそろった形の全日本遊技産業政治連盟(全遊政連)によるもので、業界が今年の参院選で応援する木村よしおさんにとって、とても重要なパーティである。元自民党税調会長などを歴任してきた野田毅さんを顧問に据えた全遊政連としても3月の記者会見以来の公の大きな活動であり、多数の業界関係者が集まっていた。本紙鈴木紗織さんも私も取材させていただいている。

業界の主要団体の代表他幹部はもちろん、国会議員らもかけつけた。風営法議連会長である田中和徳自民党幹事長代理、業界関係者にはもはや説明不要の平沢勝栄元復興大臣、ご本人はいたが時間がなくて挨拶できなかったことを詫びて退出した鈴木隼人衆院議員が集まり、みなさんが木村よしおさんの実績、とりわけ霞が関の官僚から恐れられていると言われるほどのやり手ぶりを訴えている。また、コロナで急遽来場かなわなかった小倉將信自民党青年局長など、激励のメッセージを何人もの国会議員が寄せている。

私自身は国会議員との少しばかりの接点はずいぶん前からあるが、選挙戦を見据えた本気モードのパーティへの出席は初のことだった。で、初めて現場を観た感想はスイッチが入っている人たちの弁舌は熱量が凄い、というものである。

田中幹事長代理は業界団体の総会の来賓でお馴染みだったのでどういう話をするかと思いきや、声量から発言内容から、総会の祝賀会での挨拶とは全く違うテンションである。この先生、こんなに迫力があったのかと今更ながらに驚いた。党の要職にありながら風営法議連を会長として牽引していただいている方であり、活動再開後の風営法議連を動かしてきた方である。同議連の業界にとっての重要性を最もわかっている方の一人であり、木村よしおさんを応援することが業界のためになることを説いた。

平沢議員は警察官僚時代から業界にとってはお馴染みの方なので説明は不要だろう。かれこれ何回も弁舌を聴衆側で聴く機会をもっており、特にいつものような雰囲気で語りはじめたので「こういうのは、ひとによるのかな」とも一瞬思ったが全然違った。相変わらずの平沢節はすぐに炸裂し、何回も来場者の笑いを誘うウィットに飛んだ物言いをしつつ、業界のステージを引き上げることの重要性を説く。郵便局はものすごい数の集票があるが、ぱちんこ業界は店舗のひとだけで20~30万人ほどいてどこに規模の違いがあるのか問いかけ、その気になれば郵便局以上の票を獲得することもできる業界だとして、そうなれば明日から業界に対する社会の見る目は全く変わると訴えた。また、国会議員には仕事のできる人だけではなくてできない人も相当数いることを説明し、木村よしおさんは仕事ができる人であることを強調されていた。

野田毅さんも壇上に立って自身が若い頃にぱちんこに長時間興じたことも話されていた。野田さんは長く自民党税調会長を務めていた方だが、自民党税調というものは特に専門性の高い議員の集まりである。古くは政府税調(有識者などが集まっている)の方針は飾りのようなもので自民党税調が税制を取り仕切っており、そこのトップを長年やっておられたということで、その道のエキスパートである。業界にとってはインボイス制度への対応など、まだまだ税制とも適切に向き合う必要があることが直近に控えていることもあって、全遊政連が顧問として招聘したのは適任ではないだろうか。

次のページへ >

-コラム
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.