パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【寄稿】やはりウクライナ情勢(WEB版)/POKKA吉田

投稿日:

業界的には異例というか、おそらく過去経験のない金地金賞品の連日の値上げ、という事態になったことは東京都以外のホール関係者もご存じかと思う。1g金地金賞品について、3月8日からは最低提供価格がそれまでの8,960円から9,520円になり、その二日後の3月10日からは9,520円からさらに値上げして10,080円になるという異例の事態であった。なお、8日は1g賞品だけだったが10日は0.3g賞品も値上げしている。

金相場は史上最高値を更新中だ。金相場が高騰する要因としては、現在のものとしてはやはりウクライナの戦況が筆頭、さらには米中対立による国際情勢の緊迫化がウクライナ情勢よりも前の段階で懸念されていた。さらにはこの2年間の世界的コロナ禍で各国の経済状況が悪化していることも高騰の要因となる。

ウクライナへロシアが侵攻したことで第二次世界大戦後としては史上最悪レベルの戦争状態になっていきつつある状況は、安全資産としての金が買われる理由となる。たとえば日米欧の経済制裁でルーブルは暴落中だが、ルーブルで貯蓄している場合と暴落前に金を保有していた場合とで、資産の評価額が激変していることはわかるだろう。また、経済が良い場合は金が買われるよりは不動産などの投資が増えると言われている。これは先進国の場合に限りそうで、たとえば中国やインドといった国においては、経済成長が進むと金が買われるという現象になりやすいという論説もある。

米中の対立ももちろん金相場を高騰させる要因になるし、世界的なコロナ禍で先進国の経済は甚大な打撃を受けていることは確実だからこれも高騰要因になる。さらに言えば、日本は世界における金産出量がとても少ないため、円相場推移によっても金相場は変動しやすい。単純には輸入モノという考え方になるため、円高で下落、円安で高騰の要因となる。本稿を書いているのは3月12日なのだが、この一週間、円相場は$相手に円安が進んでいた。

金地金の賞品の価格について、最低価格は東京都の脱等価のレートにならい、TUCショップの買取額と変更前後で齟齬がないようになっているし、東遊商のレートに東遊商スキームを導入している都内の大多数の店舗は沿うことから、この一週間は賞品提供価格が二度値上がりしたことになる。東京都の場合、金相場の高騰の影響を受けて過去、幾度も値上げを実施してきたことから店舗側も遊技客側も言えば慣れたものには違いないが、連日の値上げとなると店も客も驚いたに違いない。

次のページへ >

-コラム
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.