パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】ハイエナ増えすぎじゃね!?問題。/CRAナカムラ

投稿日:

●CRAナカムラのぱちんこ泰然自若187
はい皆様!今週も週末一歩手前の木曜日がやって参りましたっ!東北の銀玉オヤジ、CRAナカムラです!

この前パチンコ専業の人と話してて、色々と考えさせられたので…今日はこの話からいきましょう。

昔の専業と言えば、4号機の頃はイベント狙いでパチンコもスロットも「いかに優良台を掴むか」でしたよね。何よりも台取りの並びが熾烈で、徹夜並びなんてのもザラにあったし、まだ辛うじてヤンチャ系がハバを利かせてて胆力と腕力で横入りだったり、ホームレスを一晩雇って店の前で寝てもらうという超ウルトラCが生まれたのもこの時代。

5号機の時代に入り、スロットは設定6でも大した期待値にはならないものの粘りでカバー、パチンコは技術介入全盛期となって止めや捻りで差をつけて、コツコツと積み上げていくのがトレンドでした……ええ「でした」なんですよね。

パチンコの遊タイムハイエナが美味し過ぎて、コツコツやってる場合じゃねえ!ってのが本音らしい。もちろん止めたり捻ったりもするけども、あくまで遊タイムハイエナが先決だと。彼らにとってはプチバブル到来と言っても過言ではなく、各ホールのデータアプリを駆使すれば、毎日ホールでチェックしなくても手元で絞り込みができてしまう。

時代の進歩も伴って、かなり楽してリターンが望める状況はこれからもしばらくは続くと思われる……がっ!ガッ!Gaっ!

だがしかしですよ。

この遊タイムハイエナの懐に入る金の財源は、間違いなく「一般客の財布」なワケで、そこがいつまで持ちこたえられるのか些か不安なのですよ。

4号機の頃のように胆力も行動力も要らず、5号機の頃みたいに技術を鍛える必要もほぼなく、お手軽で効果も高いとなれば…そりゃあバイト感覚で群がるのも頷ける。最近は爺さん婆さんの中にも遊タイム狙いで徘徊してる人がポツポツ居ますし、もうバランスがおかしくなってますよね?ね?(爺さん婆さんの方が露骨に遠慮一切なしで徘徊して、余裕で真後ろで待ったりするからタチが悪い)

例えばだけど、5号機の頃の一般客と専業の割合が10:1だとしたら、今は10:3…あわよくば10:4くらいになってるホールもあるんじゃない?

どこまでこの状態が続くか分からないけども、遊タイムハイエナは遊タイムが今のままな限りずっと増えていくと思われる。さっきも書いたが、バイト感覚で友達誘って収支を分けるみたいな連中も増殖するだろうし、高年齢層にも徐々に浸透していくだろう。

( ゚Д゚)これって完全にヤバいスパイラルに陥ってないか?

一般客がハイエナの給料まで払い続けてくれるのは、もうそんなに長くないと思うよ。

ハイエナがクソ儲けてる額と合わせて店の粗利率20%ってことは、一般客からは30%以上取ってる計算にならない?

( ゚Д゚)数学弱いから知らんけど…

ちょっとここ最近のハイエナ率の高さは異常だわ。

遊タイム=天井(しかも特図2抽選)という今の図式が一刻も早く崩れることを願う。

こんなもんオマケ程度が丁度いいんだ。

■プロフィール
CRAナカムラ
奈良・愛知・岐阜・広島で店長職を10年歴任。その後、大阪の某チェーン店で統括営業本部長職を経て独立。常に打ち手目線を持ちつつ…と言えば聞こえはいいが、この男自身パチンコするのが三度のメシより好きという重症患者。

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.