パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】愛犬ラオウのハナシ。/CRAナカムラ

投稿日:2019年9月5日 更新日:

●CRAナカムラのぱちんこ泰然自若96
はい皆様ご機嫌麗しゅう!ここ最近は仙台と盛岡をひたすら往復しているCRAナカムラでございます。

と言うのもですね、近々岩手県盛岡市で新規開店ホールを任される事になりまして、その準備段階の雑務をほぼほぼ一人で片づけるという、ある意味拷問に近い荒業をこなしているからなんでございますです、はい。もうね、片道2時間半がライフワーク状態で、どこのサービスエリアでメシにしたら何が美味いとかが把握できてるレベルまで到達しております。

「そんな事なら早く引っ越しせいや!」って話なんですけども、愛犬ラオウの問題もあってなかなかね、部屋を決められないままズルズルと来てしまってまして、なんとかオープンまでには落ち着きたいなと考えております(考えてるだけでたぶん無理)。

さてさて、今回はそんなウチの愛犬ラオウ(ミニチュアピンシャー・11歳)との馴れ初め話でもさせて頂きましょうかね…

関西で繁盛店の店長を辞めて、中部地方の過疎店に再就職したのも束の間…とてもココでは書けないような内容で急に、グループ全店の社員の待遇がすっとーん!とダウンし、

(゚Д゚)店はヒマだわ待遇は最悪だわ、これどーすんの俺?

って状態になり、散々悩んで導きだした答えが

(゚Д゚)よし!副業パチプロを真剣に頑張ろう!

という、ある意味ナカムラらしい結論。とりあえずね、すっとーん!後の給料ではまともに生活できないのは確実だったんで、そこだけはこれでカバーできる自信はあった。

主に店で早番終了後からのパチプロ生活だったが、当時は初代CR牙狼の全盛期でもあり、海シリーズもまだまだ大事に扱われていた頃で、最悪ジャグラーに逃げる手も打てたしね。

自分のシフトを極力早番に振って、仕事が終わればソッコーで2~3店舗のマイホールに打ちに行く生活を始めたんですよ。メインが初代牙狼だけに単日では荒れるが、月トータルでは順調に生活費の穴埋めには十分過ぎる収支を叩きだしていたんだが、この時にふと思ってしまったのが、

(゚Д゚)俺、何やってんだ?

って事。わざわざこんな過疎店にしがみ付いてる意味なくね?ですよね。

先日のすっとーん!で社員が辞めまくって、残ってるのは「ここ辞めたら他に行くとこありません」みたいなのばっかりだったし、ナカムラは強く慰留してくれた上司に対する恩情だけで残っていた状態だったんだ。

そんな状態で生活してると、ナカムラらしくなく「病む」の一歩手前までイッちゃうのは自然の摂理。さすがに自分でもヤバイという自覚があったんで、

(゚Д゚)よし!犬を飼おう!

という結論にたどり着いた。

すぐに地域の保健所に行って保護されてる犬がいないか確認したが、幸か不幸かその時は「いない」という返答だったので、翌日から事務所のパソコンからペットショップのホームページサーフィンが始まり、思い立った翌週くらいには実際にペットショップ巡りを開始していた。

だがしかし!高いんだよね!犬って!キレイに展示されてる子犬の中から比較的安い子を選んだとしても、とてもじゃないが手が出ない!数件まわって、

(゚Д゚)これはアカン!もうちょい金がいる!

となって、しょぼーんとペットショップを後にして、翌日からのパチプロ業に気合いを入れるナカムラであった。

そして翌日!ほんと翌日!奇跡が起こる!

(゚Д゚)次週に続く!

■プロフィール
CRAナカムラ
奈良・愛知・岐阜・広島で店長職を10年歴任。その後、大阪の某チェーン店で統括営業本部長職を経て独立。常に打ち手目線を持ちつつ…と言えば聞こえはいいが、この男自身パチンコするのが三度のメシより好きという重症患者。

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.