パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【新台噂】6号機で名機『×ド×!』も!?

投稿日:

京楽のパチンコ機『CR冬のソナタ』と『CRぱちんこウルトラセブン2』の稼働が絶好調ですね。今、人気急上昇中!といった印象ですが、パチスロでも初の6号機で大都技研の『Sアメリカン番長HEY!鏡』の全容が見えてきました。こちらもかなり評価が高く、期待も大きいだけに秋口の動きが、今から気になる所です。

今後、少しずつ、新基準機・6号機が発売されてくると思いますが、どんどん進化していくのでしょうね。パチンコ・パチスロ新時代の幕開け、と言ったところでありますが、まだ登場していない『AKB』『ルパン』『牙狼』の最後の旧基準最新シリーズ機の登場が気になる所です。

いつでも発売できるように、メーカーも既に準備が進んでいるかも知れませんが、こちらも気になりますよね。楽しみです。

・『●ド●!』
→あの名機の6号機、早ければ秋以降に登場か?と噂されております。もちろん、適合している事が前提となりますが、どうなのでしょうか…。とにかく年末までに複数適合していれば、すぐに発売?と言われているだけに、動向が気になりますよね。今後も注目して追っていきたいと思います。

・『PフィーバーR-18』
→8月に新基準機第1弾『P革命機ヴァルレイ』の発売が決定しているSANKYOですが、早くも第2弾機種として、あの『CRフィーバーR-18』の新基準機が9月に登場予定の模様です。設定付の甘デジでは?と噂されているだけに、こちらも楽しみですね。注目であります。

・『CRぱちんこ押忍!番長 漢の極み』
→大都技研のパチンコ機が、どうやら緊急発売のようです。何でも、6号機パチスロと同時発売?という事で、番長祭りのような形となりそうですね。また、旧基準機のようなので、どんなスペック&ゲーム性となっているのか、今から気になる所です。楽しみです。

・『ロッ●マン●ビ●テ●』
→スパイキーブランドで先般適合したパチスロ機ですが、発売が意外に早いのではないか?という情報をキャッチしました。さあ、どうなのでしょうか?また、そのスペック&ゲーム性も気になる所ですが…。実機を見るのを楽しみにしております。

・『●クア●●ナ●』
→あの名機の最新シリーズ機が既に開発中?という話ですね。どんな機種になっているのでしょうか?やはり、前作のゲーム性の『どの部分を継承しているか?』という所が、ファン目線で言うと気になる所だと思います。まだまだ適合の報は聞いていないので、注意深く追っていきたいと思いますね。

■プロフィール
チャーリー・ロドリゲス・湯谷
自称パチンコ・パチスロ伝道師。この立ち位置を20年近く続けているロートル業界ウォッチャー。特技はスプーン投げ。今ではスプーンも曲げられない程、筋力低下。「意見待つ!」と言い続けて、20年。他人の意見に未だ弱く、老化は続くか、パチンコやパチスロに賭ける情熱は衰えず!

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.