パチンコ・パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

日工組、新理事長に筒井公久氏を選出

投稿日:

日工組(筒井公久理事長)の第57回通常総会が5月29日、都内千代田区のグランドアーク半蔵門で開催された。任期満了に伴う理事及び監事選挙では、新理事長にSANKYOの筒井公久氏を選出した。

事業報告によると、平成28年4月1日から平成29年3月31日までのパチンコ機の証紙発行枚数は前期比8万枚減の約175万枚(遊技盤約66万枚含む)。パチスロ機の証紙発行枚数は前期比8万枚減の14万枚となった。「くぎ問題」に係る対象遊技機の回収撤去への対応に加え、指示機能の主基板管理・自主規制措置を盛り込んだ仕様への移行等により、昨年に続いてパチンコ・パチスロ共に証紙発行枚数は減少となった。

総会後の懇親会で、新たに理事長に就任した筒井氏は「業界は、依存問題対策が急務であり、パチンコ・パチスロ21世紀会を中心に取り組めた内容の実現に全力を挙げるとともに、製造業者として射幸性に頼らない多種多様な遊技機を推進し、性能情報等を確認できる遊技機の提供や管理遊技機の実現を目指していく。業界に対する国民世論は厳しいものがあるが、その声を真摯に受け止め、真の大衆娯楽としてあるべき姿を取り戻す機会と捉え、引き続き皆様と共に一層の努力をしていく所存」と決意を述べるとともに、理事長を4年間務めあげた金沢前理事長へ敬意を表した。

また、来賓祝辞では警察庁生活安全局保安課の小柳誠二課長が登壇。小柳課長は依存問題を含む業界が抱える諸問題に対し、「確実かつスピード感をもって実施していただく必要がある。貴組合におかれては、射幸性を抑制した遊技機作り、不正改造防止対策等、遊技客に安心して遊技そのものの面白さを楽しんでもらうためのご努力を続けられていると承知している。業界が一丸となって依存問題に重点を置きつつ、健全な娯楽となるための取り組みをより一層推進し、その中でも貴組合には大きな役割を担っていただけることを心から期待している」と、スピード感をもった着実な対応を求めた。

なお、総会で決議した新役員は以下の通り。

■新役員一覧
相談役      榎本宏 松原信男 井置定男 市原高明 金沢全求(新任)
理事長      筒井公久(昇任)
副理事長     榎本善紀 井上孝司 嶺井勝也(昇任)
専務理事     田林均
常務理事     加藤宏(新任)
理事・事務局長  中川尚也
理事       新井悠司 井置英夫 小塚英治 梅村尚孝(新任)星野歩(新任)渡辺圭市
監事       盧昇(新任) 内ヶ島正規(新任)

DSCN3033

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2017 All Rights Reserved.