パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

景品の持ち帰りを推進/京都府遊協

投稿日:2015年12月18日 更新日:

京都府遊協(白川鐘一理事長)は12月12日、府下の加盟ホールにて「景品持ち帰り推進運動」をスタートした。

「景品持ち帰り推進運動」は、遊技客に偏ることなく様々な賞品を持って帰ってもらうための取り組みで、クリスマスや正月という季節感のある賞品が出やすいこの時期に実施することで認知向上を目指す。

各ホールでは、京都府遊技業景品納入業者会(遊景会)の協力で制作したお菓子セットとおつまみセットの2種類の「お楽しみ袋」をカウンター付近のワゴンに陳列。組合が制作した「のぼり」と共に遊技客にアピールする。また「店内放送用CD」を活用し、店内放送も実施している。

実施期間は12月12日から1月11日までの1カ月間。組合加盟185店舗で展開されている。

Exif_JPEG_PICTURE

組合が制作したのぼりで賞品をアピール

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.