パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

同友会と合併へ、新団体は「MIRAIぱちんこ産業連盟」/PCSA

投稿日:

PCSAは8月20日、都内千代田区のTKPガーデンシティPREMIUM神保町にて、第19期第2回臨時社員総会を開催。当日は新型コロナの感染拡大防止のため、総会の模様はオンラインで同時配信された。

加藤英則代表理事は冒頭の挨拶の中で、コロナ禍が招いた遊技業界の影響について言及。「営業自粛等により経営に大きな打撃を被ったことと推測する。今も昨年同月比で7~8割の客数だと聞くが、そういったニューノーマルは日常化していくことと想定し、業が存続し続けるために根本的な対処法を業界全体で模索することが必要だろう」と今後の課題を述べた。

審議議案は「同友会との合併」の件で、2020年10月19日を効力発生日として同友会を存続法人、PCSAを消滅法人とする合併を決議した。団体名は「一般社団法人MIRAIぱちんこ産業連盟」(略称MIRAI)。

審議報告では、毎年実施する「PCSA DATE BASE 2020」を公表。正会員20社に実施したアンケート結果を元に類推したデータによると、パチンコホール売上高は17兆192億円、営業収入は2兆4,895億円、雇用人数は21万8,179人、法人税納税額は815億円。4項目全てにおいて前年を下回る結果となった。

議事終了後には、協会運営の功労者に対する表彰式が行われ、アメニティーズの金本朝樹副代表理事、合田観光商事の合田康広副代表理事を表彰。また、PCSA懸賞アイディア・エッセイ表彰式では、最優秀賞に浦部立憲さん(ダイナム)が選ばれたほか、2名のホールスタッフが優秀賞を獲得した。

加藤英則代表理事

-業界ニュース
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.