パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

平和が2021年3月期第1四半期決算を公表、前年同期比で大幅な減収減益

投稿日:

平和は8月6日、2021年3月期の第1四半期決算短信を公表した。それによると、売上高は前年同期比56.1%減の161億73百万円、営業損失44億15百万円(前年同期は営業利益81億2百万円)、経常損失44億91百万円(前年同期は経常利益81億72百万円)で、新型コロナウイルスの影響による遊技機販売台数の減少やゴルフ事業における来場者数の減少により、前年同期比で大幅な減収減益となった。

遊技機事業では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により新機種の販売を見送った結果、販売台数はパチンコ機1千台(前年同期比25千台減)、パチスロ機は1千台(同6千台減)となり、売上高11億71百万円(前年同期比91.0%減)、営業損失33億1百万円(前年同期は営業利益32億94百万円)の大幅な減収減益となった。

また、ゴルフ事業においても、外出自粛要請などにより来場者が著しく減少したことやコンペの中止などにより、売上高は150億1百万円(前年同期比36.9%減)、営業損失5億3百万円(前年同期は営業利益56億61百万円)と前年同期を大幅に下回ることとなった。

なお、2021年3月期の連結業績予想については、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を現時点で合理的に算定することが非常に困難であるため「未定」とし、合理的な予想の開示が可能となった時点で公表するとしている。

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.