パチンコ・パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】新台購入が大変な事になってきた!/チャーリー湯谷

更新日:

コラム:チャーリー・ロドリゲス・湯谷の“一寸先はハプニング”

●新台購入が大変な事になってきた!
パチンコ店は、この規則改正施行の発表後、大変な事になっている。まずは、新台の「選び方」だが、9月でパチスロの5.5号機の発売は終了。10月から発売される機種は5.9号機。ARTG純増2枚未満、有利区間1500Gまで、天井なし…等々、これから出てくる新台についてはどのように運用していけばいいのか?全くわからない状態にある。もちろん、メーカーも5.9号機の発売予定がほとんどない状態である為、実機のゲーム性すら想像できないという事だ。

パチンコ機は「2,000over」「小当たりRUSH機能」搭載機がトレンドになっているが、正直な所、スペックだけで買えない。それはここ数か月導入した新台が期待以上の稼働を得られていないという事実があるためだ。実際「何を導入しても一緒だろう」と思いながら、スペックではなくパチンコユーザーと親和性の高いコンテンツと演出面も含めて慎重に購入していくというのが実態だ。正直、市場導入後に人気が出れば、無理して新台購入しなくても、高いが中古機で導入した方がいい、という割り切った考えを持つホールもある程、新台購入に関して慎重になっている事が伺える。 

今は現在設置の機種の「認定取得」を取り急ぎ申請し、可能な限り長く現行スペックの機械を大事に運用しようという機運が高まっている。来年21日より「遊技機規則改正施行」となるが、新台購入について状況は混沌としている。

各メーカーの新台リリースは、適合状況や他メーカーの動きによってスケジュールが決まってくる。ますます新機種動向から目が離せず、また、機械購入は大変な状況になってきた。注目である。

~今後出るかも!?
・『CRFパワ●ル』
→あの機種と同時発売も?と言われているだけに注目。来年早々にも動きがあるやも知れませんね。

・『CR●ジリスク』
→まだ適合していないようですが、年末発売に向けてスタンバイ?という動きもあるようです。ユーザーを驚かせるようなスペック?ギミック?があるとか、ないとか? 

・『●irls Gns Gr●●vy
5.9号機パチスロ機。まだメーカー名は言えませんが…版権?オリジナル機種?とまではちょっと分かりません。どんな機種なのでしょうか。

・『ブラックラグーンリミットブレイク』
→既に七匠から登場予定の次機種候補5.9号機パチスロ機。また、もう一つ『●元突●グレ●ラガン』も控えている?という話。

・『パチスロゴッドイーター2
12月納品で発売が決定!1018日より展示会?という話。一気に年末の注目機種に浮上。スペック等は不明だが、AART機?でしょうか?

意見待つ!!

■プロフィール
チャーリー・ロドリゲス・湯谷
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。

-コラム, 新台
-




Copyright© 『遊技日本』 , 2017 All Rights Reserved.