パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】グランドオープンのハナシ。(後編)/CRAナカムラ

投稿日:2019年11月21日 更新日:

●CRAナカムラのぱちんこ泰然自若107
だんだん騒ぎも大きくなり、列なんて無くなった群衆がそのままホールの入り口に押し寄せ、恐らく最前線は圧死との戦いになっていた。その時…

バキバキバキーーーーーー!!

けたたましい破裂音と共に自動ドアがレールから外れて崩壊!それを合図に店内へ雪崩れ込む客達!ほんと某世紀末救世主伝説なみの無法地帯入場で、グランドオープン初日から大荒れの某店。スタッフの「止まれ!止まれ!」なんて誰も聞かず、踏みつけられて割れた自動ドアの上をどんどん人が通過し、躓いてコケようもんなら余裕で一緒に踏まれるのは明白。実際にナカムラ達が入場する頃には倒れてる人や流血してる人も複数人いて、入り口横に野戦病院みたいに並べられていた。そんな風景に心を痛め…るハズもなく、

(゚Д゚)おっしゃー!タヌ吉げっとぉっ!

しかも、4000個定量とかじゃなく、グランドオープン仕様の「無定量」なのだ。見た目から「出しまっせオーラ」がプンプンしてるし、今日はもらった!ナカムラはこの頃から、

(゚Д゚)短時間勝負では確率分母の大きい機種に行くヤツはバカ

という持論を布教していたので、ハネモノながら爆発力もあるタヌ吉は、むしろ1番に並んでても狙いたい機種であった。仲間達も並んで5台タヌ吉を押さえ、上々の滑り出しである。

そして開店の18:00!入口の方に血まみれの人が横たわってる状態でも鳴り響く「TRUTH」が打ち始めの合図!全員一斉にハンドルを捻る!そこから1分もしない内だった。

台が全部ぷしゅーーーーんとブラックアウト、要は電源が落ちた状態になる。

(゚Д゚)?????

照明とかは点いてるんだけど、台だけが1台残らずぷしゅーーーん。裏側を知る今なら、電気の容量足らずでブレーカー落ちだと解るんだが、性少年な当時にそんなこと理解できるワケもなく、ただただ頭の中は「???」だった。

そこでマイクアナウンスが入り、もうしばらく全員待てとのこと。10分もしないうちに一度復旧したが、また1分も持たずにブラックアウト。これを3回ほど繰り返した後、今度は全く復旧せずの待ちぼうけ状態に陥った。扉が吹き飛んだ外には救急車が7~8台来てるし、客は何もできずにただ座ってるのみ。この光景はまさにカオス。このまま19時を過ぎても待ちぼうけで、ホールがざわざわし出した頃、タヌ吉コーナーを含むホールの半分だけに電源が入ったのだが、マイクで打つのを止められ、店長の事情説明が始まった。セリフは覚えてないが、要約すると「これ以上は設備トラブルで復旧しないので、今電源の入っていない台に座ってる人には特殊な景品を補償するんで許しておくれ」だそうだ。電源が落ちたままの台に座ってる人一人につき半諭吉の景品をスタッフが配り始めるのだが、大半は素直に受け取って退出するのに対して「打たせろゴルァっ!」とゴネまくるヤカラも一定数居て大変そうだったが、ナカムラ達は運よく「打てる側」に居たのでひたすら打ち出しOKの合図だけを待っていた。

が、しかし!そんなお行儀良いヤツなんてごく一部で、勝手に打ち出した奴の効果音で雪崩式に営業再開となるホール。そのまま10分近くは打てたんだけど…打ち破られた自動ドア、まわりにまだ横たわる数人の血まみれオヤジ、救急車の大群、さらに警察&パトカーまで集まってきて、トドメに素直に景品を受け取らなかったヤカラの「ひゃっはぁー!」が始まり、再び全台の電源落ち。

たぶんこの最後の電源落ちは、警察に止められたんだと思う。かくして、ナカムラ達も「半諭吉」を受け取り帰路につく事と…はならずに、近くの別のパチ屋に吸い込まれていったのだった。その後は結局、この出来事が強烈すぎて勝ったのか負けたのか覚えてないんだけど、倒れてたはずの血まみれオヤジが特殊な景品を受け取ろうと「オレも打てんかったんやから!」と必死に抗議している姿は未だに鮮明に覚えているww

ちなみにこのお店、翌日から閉めてグランドオープン(1カ月ぶり2回目)して、そこそこ繁盛店になりましたとさ。今では考えられない治外法権っぷりが際立った「おもひで」でございました…。

■プロフィール
CRAナカムラ
奈良・愛知・岐阜・広島で店長職を10年歴任。その後、大阪の某チェーン店で統括営業本部長職を経て独立。常に打ち手目線を持ちつつ…と言えば聞こえはいいが、この男自身パチンコするのが三度のメシより好きという重症患者。

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.