パチンコ・パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【新台噂】6号機で『×法××ま×か××ギ×』がスタンバイ!?

投稿日:

メーカーも半ばあきらめているのでしょうか?パチスロ5.9号機の営業がほとんど来ない…とホール関係者の人達は嘆いておりました。注目度が低いという事もありますし、実は調べると、現在までにかなりの数の5.9号機が市場投入されています。でも、話題になってないのが現実ですよね。

6号機が登場する秋口までは、まだまだ5.9号機を主力として発売する事が予想されるだけに、もっと積極的にプロモーションをかけて欲しいな、と思う次第であります。また、6号機については過剰な程の期待があって、メーカーもホールもユーザーも盛り上がりを見せていますが、恐らく年末までにはかなりの数の6号機が揃うはず。そこで厳しい市場の評価が出てくるのでしょう。

いよいよ新時代に突入するパチスロ市場ですが、ユーザーを魅了する機械の開発を期待したいものであります。楽しみですね。

・『●法●●ま●か●●ギ●』
→6号機でスタンバイされている?という情報をキャッチしました。早ければ年内にも市場投入されるかも?という話があるだけに、その動向がとても気になる所です。どんなスペックとなっているのか?注目ですね。
・『CRショウバイロック』
→銀座ブランドの機種ですが、どうやら検定通過した模様であります。機種の詳細や発売時期等は不明ですが、一体、どんな機種となっているのでしょうか?今後の動向がとても気になる所ですね。楽しみです。
・『P●●武●2』
→以前にもお伝えした、あの人気シリーズパチンコ機ですが、新基準機で登場するのではないか?という情報をキャッチしました。発売時期等は、他メーカーの動向等を踏まえてスケジュールを変更するのでは?と思われます。さあ、どんな機種となっているのか、楽しみですね。
・『麻雀格闘俱楽部3』
→どうやら秋口登場が有力視されている機種ですが、あの噂の機種が出てくる模様ですね。ちょうど5.9号機と6号機が混在する時期になりそうなだけに、その動向がとても気になる所です。早く実機を見てみたいですね。注目であります。
・『●ク●●ン●イ』
→あの人気シリーズ機の最新機種ですね。適合している模様であります。発売時期は他メーカーや市場の動向を見て投入されると予測しますが、一体どんなスペック&ゲーム性となっているのでしょうか?今後の動向には注目です。楽しみであります。

■プロフィール
チャーリー・ロドリゲス・湯谷
自称パチンコ・パチスロ伝道師。この立ち位置を20年近く続けているロートル業界ウォッチャー。特技はスプーン投げ。今ではスプーンも曲げられない程、筋力低下。「意見待つ!」と言い続けて、20年。他人の意見に未だ弱く、老化は続くか、パチンコやパチスロに賭ける情熱は衰えず!

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.