パチンコ・パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】剛腕遠隔マダム~前編~/CRAナカムラのぱちんこ閑話休題⑰

更新日:


ハイどーもっ!CRAナカムラです!

さて、タイトルには「遠隔」という単語が入ってますが、決して遠隔操作してたとかいう話じゃないですからねww 今回は、どこのお店で働いても、少なからず遭遇する「遠隔だー!イカサマだー!」と言いながらも毎日のように来るオキャクサマとのお話でございます。

関西で初めての店長になり、強烈な運も味方して商圏内で下から2番目の店舗がブッチギリ地域1番店にのし上がって(※現場での『おもひで』~関西某県初めての店長編~前編後編を参照)、社長から封筒が縦に立つくらいのボーナスを貰っていた頃、当時のメイン機種は泣く子も黙る「CRスーパー海物語inハワイ」と「初代CR冬のソナタ」で、ウチの店も海2BOX64台と冬ソナ16台がほぼ毎日フル稼働!

ホントね、当時は三洋と京楽の営業マン様が店に来られた際にはお飲み物を用意して「いやいやいや三洋様っ!わざわざ来られなくても呼び出して貰えればこちらから伺いますのにぃ~♪」とフル土下座外交でお出迎えするのが当たり前でして、営業マン様に何か失礼な事をすると次の海シリーズ導入の時に欲しい台数が…が…あれ?思いっきり話が逸れてるのでこの話はまた今度にして、とりあえず話を戻しましょうww

え~と、メイン機種はスーパー海ハワイと冬ソナで、この2機種は当然のように朝イチから満台が当たり前。毎日見る常連さん達もほぼ固定で、100%朝イチ出勤を誇る猛者も20~30人くらいは居た記憶。

今回の主役はその「朝イチ出勤率100%」を誇る近所の居酒屋の女将で、歳はだいたい50過ぎ、歳の割には若い見た目でいつも「彼氏(※本人談)」と2人で海を打つのだ。旦那が居ての彼氏なのかどうなのかは興味も無いし定かではないが、その彼氏は60歳くらいの穏やかな白髪混じりの紳士で投資金額はエブリデイ無制限ノーパンク(=女将もノーパンク)という、店にとってこの上なく素晴らしいお方。いつもにこやかで怒りという言葉を知らなさそうな彼氏と数日に一度は激高して台をドツキまくる女将、このコントラストは「よく長続きしてるなぁ…」と見ていて感心させられたものだ。

次のページへ >

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2017 All Rights Reserved.