パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

セガサミーHDが報酬制度を改定、平均給与22%引き上げ、大卒初任給は30万円に

投稿日:

セガサミーホールディングス_logo

セガサミーホールディングスは4月3日、同社とその主要子会社であるサミー従業員の報酬制度を改定すると発表した。2023年7月1日よりベースアップや賞与の一部組込みなどを行い、年収における基本給の比率を高めるとともに、退職金制度を改定し、既存従業員の月額平均給与を約22%(※1)引き上げる。これらの改定により大卒初任給は、現在の23万5千円から最大約28%アップし、30万円となる。報酬制度改定により、従業員の収入を一層安定させ、更なる成果の発揮と自己研鑽に臨みやすい環境の構築を図る。

同社は報酬制度改定の背景と目的について、「遊技機市場は遊技参加人口の減少により市場環境が続いてきたが、足元ではパチンコにおいて複数の人気タイトルが稼働をけん引し、パチスロにおいては2022年より導入された6.5号機やスマートパチスロが好調に稼働するなど明るい兆しも見えている」として、このような環境において「規則等に適応し市場ニーズに応える斬新なゲーム性を備えた製品の開発・供給に取り組み、販売シェアを維持・拡大していく必要があることから、優秀な人財を確保し、充実させることは必要不可欠であり、報酬制度の改定に着手することを決定した」としている。

また、多様化かつ流動化する社員のキャリアやライフプランに対応することで、優秀な人財を獲得・維持・強化し、グローバル規模で競争力を高めることも目的としている。

同社は、グループ全体の取り組みとして企業内大学「セガサミーカレッジ」を構え、新入社員から役員にいたるまで、あらゆる研修を実施するなど人財教育にも積極的に投資している。現在は「セガサミーカレッジ」を拡充し、マルチカルチャー人財(※2)の育成に向けた語学教育プログラムを導入するなど、従来の約3倍となる年間約4.5億円(2023年3月期実績)の教育投資を行っており、今後も経営戦略・事業戦略と整合した様々な教育施策の導入・運用を予定しており、2031年3月期までに累計40億円以上を投資することを見込んでいる。

※1 年収ベースでは平均約15%程度のアップとなる。
※1 退職金の前払い制度(選択制)の導入を予定しており、その選択により増加率は変化する。
※2 外国籍である、海外滞在歴があり多文化を経験している、英語・中国語など複数の言語で一定のスキルを認められているなど複数の基準から認定。多様なカルチャーに接し、その経験を業務に活かすことのできる人財。

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2023 All Rights Reserved.