パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

防犯カメラ設置で安心・安全に貢献/大阪福祉防犯協会

投稿日:2016年3月16日 更新日:

大阪福祉防犯協会(高智茂会長)は3月1日、同協会の会員ホール「PAO泉大津店」(大阪府泉大津市)の敷地内に、公共空間に向けたいわゆる街頭防犯カメラを設置、運用を開始した。

同協会は昨年度から年間150万円の予算を組み、犯罪の防止および事故防止のため同協会の会員ホール敷地内に防犯カメラを設置する取り組みを開始。昨年は、5月12日に「イル・サローネ池田店」(池田市)、7月14日に「PEACE1」(八尾市)、7月29日に「パーラー・ザ・チャンス」(岸和田市)、9月9日に「べラジオ・スロットオペラ江の木町店」(吹田市)の敷地内にそれぞれ防犯カメラを設置した。防犯カメラは、見通しの悪い公・私道や事故の多い交差点、歩行者にとって死角の多いエリアなど、所轄警察署や専門家のアドバイスを元に、効果の高い場所を選定して取り付けている。

同協会は「今後も大阪府警との連携を深め、より効果的な防犯カメラの運用を研究するとともに、地域に役立つネットワークづくりに取り組んでいく」としており、今後も年間5台を目標に防犯カメラを増やしていく考えだ。

街頭防犯カメラが終始公道を映し出す

-業界ニュース, 社会貢献活動
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.