パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

フィールズ決算、黒字転換、新台販売が好調に推移

投稿日:2022年5月11日 更新日:

フィールズは5月10日、2022年3月期の連結決算を発表。売上高は949億円(前期比144.6%増)、営業利益34億44百万円(前期は営業損失22億41百万円)、経常利益36億34百万円(前期は経常損失20億32百万円)、純利益24億71百万円(前期は純損失34億52百万円)となった。

PS事業においては、パチンコ6機種14.0万台(前期比9.0万台増)、パチスロ7機種5.1万台(同0.5万台増)と新台販売が好調に推移。営業利益17億50百万円(同52億84百万円増)、経常利益18億83百万円(同57億79百万円増)、当期純利益17億06百万円(同62億39百万円増)となった。次期はパチンコ7機種、パチスロ8機種の合計約22万台の販売を見込んでいる。またホール向けメディア「PS情報ステーション」、ホール集客支援のWEB広告配信「Optimize」、ファン向けメディア「ネットパチンコドットコム」等の遊技機業界をサポートするデジタルコミュニケーション事業を拡充・強化することで20億円の事業収入を見込んでいる。さらに8月には、業界のマーケット活性化を図る中古機流通サイト「ぱちんこ.com」の提供を開始する。これらにより次期のPS事業の売上高は850億円(同12億84百万円増)、営業利益は25億円(同7億円増)となる見通し。

2023年3月期の連結業績は、売上高980億円(前期比3.3%増)、営業利益40億円(同16.1%増)、経常利益40億円(同10.1%増)、当期純利益30億円(同21.4%増)を計画している。

-業界ニュース
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.