パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

日本初、パチンコ店で気軽に最新がんリスク検査、京楽・善都、遊技機メーカー各社が協賛

投稿日:

パチンコ店がんリスク判定検査トライアル

株式会社森創(愛知県北名古屋市、櫻井泰雅 代表取締役)は、愛知県を代表するパチンコホール企業、株式会社京楽、株式会社善都と連携して、「がんの早期発見」による健康な街づくりの実現を目指した「パチンコ店がんリスク判定検査トライアル」を、4月29日(祝)・30日(土)に実施する。パチンコ店から最新のがん検査を発信し、健康な街づくりを目指す日本初のプロジェクトとなっており、遊技機メーカーも協賛している。

同社は、「国内のがん検診率が低いことに加え、コロナ禍による受診控えにより早期発見がより難しくなっていることから、利用者に負担の少ない『がんのリスクを調べる検査』を普及させることが重要」と考え、線虫を使ったがん検査を提供する株式会社HIROTSUバイオサイエンスと連携して、簡単・安価・高精度を特徴とする「がんの一次スクリーニング検査N-NOSE(エヌノーズ)」を活用することを決めた。

自覚症状が無い場合、体の色々な部位のがんを調べようとすると、検査に大きな費用が掛かかるが、「N-NOSE」は1万円(同検査会を利用の場合)で全身網羅的※1にがんリスクを調べることができる。N-NOSEをきっかけに本来受けるべきがん検診に繋げてもらうことを目指している。また、既存の検査は早期がんに対する感度が低いが、「N-NOSE」は臨床研究においてステージ0、Ⅰのがんに対しても高感度であることが報告されている。※1線虫が反応することが分かっているがん種:胃、大腸、肺、乳、膵臓、肝臓、前立腺、子宮、食道、胆嚢、胆管、腎臓、膀胱、卵巣、口腔・咽頭(15種類)

がんの一次スクリーニング検査N-NOSE(エヌノーズ)

今回のプロジェクトでは、パチンコホール企業が検査スペースを無償提供する他、検査活動を補助し、地域住民ががん検査を気軽に受けやすい環境をつくった。また、遊技機メーカーも賛同し、遊技業界を挙げた社会活動として開催する。検査は事前予約すれば、受付から約10分程度で終了する。また、検査方法は「N-NOSE」という採尿による簡単な検査なので安心して利用できるという。

同社は「今後、規模を拡大することで住民が元気で長生きする健康な街づくりの実現を全国のパチンコ店から発信する」「街の身近な場所で、気軽にがん検査を受けるきっかけをつくることが、がんの早期発見を増やし、がん死亡者数の減少に繋がると信じている」としている。

■開催情報
・日時:4月29(祝)・30(土)受付時間 9:00~17:00
・会場:サンシャインKYORAKU栄店(名古屋市中区錦3-24-4)、ZENT名古屋北店(名古屋市北区中切町5-5)
・検査費用:税込10,000円(現金のみ)
※予定数に達した場合は終了。

■検査予約(電話、LINEトークルーム、Twitter DMから)
・電話予約:0568-54-1616(株式会社森創)
・受付時間:平日9:00~18:00
・公式Twitter:https://twitter.com/Pachi_GanKensa @Pachi_GanKensa
・公式LINEアカウント:https://lin.ee/HiBTRQ9 @478cqzfv

■特別協賛
株式会社京楽(サンシャインKYORAKU栄店)
株式会社善都(ZENT名古屋北店)

■協賛
京楽産業.株式会社、株式会社高尾、株式会社竹屋、豊丸産業株式会社、株式会社西陣、株式会社藤商事、株式会社平和、ベルコ株式会社、株式会社ユニバーサルエンターテインメント

■後援
一般社団法人日本遊技関連事業協会中部支部

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.