パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

MIRAI定時理事会、検定・認定切れ機の取扱いに注意を呼び掛ける

投稿日:

MIRAI_logo
MIRAIぱちんこ産業連盟(東野昌一代表理事)は2月16日、都内台東区の上野オーラムにて2月度定時理事会を開催。理事会には、理事18名、監事1名、会員85名が参加し、インボイス制度勉強会の開催を承認したほか、4月に「MIRAIの学校2022春のオープンキャンパス」を開催することを決議した。

理事会冒頭、東野代表理事は1月末で旧基準機の撤去が完了したことを受けて、「一部、認定期間が残っている機械があるが、今、検定、認定が切れている機械を使うと行政処分の対象になる。今回は認定が残っている訳ではないので、これまでのように通報システムによる対応では無く、行政に通報することになると思う」と注意を呼び掛けた。

審議では、1月に警察庁、財務省、国税庁からインボイス制度に関する周知の案内があったことから、会員向けに「インボイス制度勉強会の開催」を開催する事を承認した。また、昨年秋に開催したオープンキャンパスの成功を受け、「MIRAIの学校2022春のオープンキャンパス」を4月12日~4月15日に開催する事を承認した。

その他、報告事項として、自己申告・家族申告プログラムの変更、ホール4団体誓約書確認機関、各委員会・部会活動などが報告された。

また、当日はアイリスオーヤマ株式会社代表取締役会長の大山健太郎氏を講師に迎え、第4回公開経営勉強会も開催。MIRAI会員企業から201名、非会員企業から55名の計256名が聴講した。

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.