パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

ダイコク電機3Q決算は増収増益、パチンコ機向け表示・制御ユニットが好調、ファン向け情報公開端末も前年同期を上回る

投稿日:

ダイコク電機_logo

ダイコク電機は2月10日、2022年3月期第3四半期の連結決算を発表。売上高は前年同期比5.9%増の190億58百万円、営業利益は15億15百万円(同153.3%増)、経常利益は15億83百万円(同90.4%増)、純利益は12億72百万円(同145.0%増)の増収増益となった。

情報システム事業の売上高は147億27百万円(前年同期比7.1%増)、セグメント利益は21億51百万円(同26.6%増)。パチンコホールの一部をパチスロ機からパチンコ機に変更する小規模な改装工事の増加に伴い、ファン向け情報公開端末「REVOLA」や「BiGGMO PREMIUM」の販売は前年同期を上回ったが、半導体不足により製品供給が顧客需要に追い付かず、販売台数を調整することとなった。

制御システム事業の売上高は43億41百万円(前年同期比2.4%減)、セグメント利益4億84百万円(前年同期はセグメント損失1百万円)。「遊技機メーカー向け表示・制御ユニット等」の売上は、パチンコ機向けの販売が好調に推移したことに加え、新たにパチスロ機の受託製造を開始したことにより前年同期を上回ったが、「部品・その他」の販売は前年同期を下回った。

なお、通期の業績予想については、2021年5月に発表した数値を据え置いている。

-業界ニュース
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.