パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

フィールズ 第2四半期決算は減収損失計上、通期では増収の見込み

投稿日:

フィールズは11月13日、2021年3月期第2四半期の連結決算を発表。売上高は105億91百万円(前年同期比61.9%減)、営業損失33億27百万円(前年同期は営業損失27億50百万円)、経常損失32億47百万円(前年同期は経常損失25億34百万円)、純損失39億23百万円(前年同期は純損失27億56百万円)と、前年同期比で減収となり、損失を計上した。

上半期には、「BLACK LAGOON」、「シャア専用パチスロ 逆襲の赤い彗星」、「リングにかけろ1 ワールドチャンピオンカーニバル編」の3機種を主に販売し、第2四半期累計のパチンコ・パチスロの販売台数は16,500台となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響から、上半期に予定していた機種の販売を延期したことなどにより低調に推移した。

円谷プロダクションは、イベント・ライブショーの中止や縮小を余儀なくされたほか、映画制作の遅れによる公開延期など、新型コロナの影響を直接受けたが、第2四半期には国内および中国のマーチャンダイジングが好調に推移しており、想定を超える回復となった。また、デジタルフロンティアも巣ごもり消費の高まりから国内ゲーム会社からのCG映像制作を多数受注した。

通期の見通しでは、下半期に向け、「新世紀エヴァンゲリオン決戦〜真紅〜」、「ぱちんこウルトラセブン超乱舞」、「パチスロモンスターハンター:ワールド」、「パチスロ哲也 -天運地力-」、「アカメが斬る!」などを市場に投入し、既に5万台以上の受注が確定。第4四半期の納品予定機種についても、入替需要に応じて適時投入できるよう対応していく。これにより、営業利益は12億円(前期比68.1%増)、経常利益は12億円(前期比27.7%増)、純利益は3億50百万円(前期比28.7%減)を計画している。

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.