パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

大遊協が府下7市町に青パト7台を寄贈

投稿日:

大阪府遊協は9月16日、大阪市中央区の大阪府庁本館にて青色防犯パトロール車輛贈呈式を開催。式典には、大阪府から吉村洋文知事をはじめ、橋本正司危機管理監、大阪府警本部生活安全部府民安全対策課の三窪ゆり課長らが出席した。

大阪府遊協では、平成15年度から平成27年度までの13年間、大阪府下の社会福祉施設に福祉車両を寄贈してきたが、目標数の200台に達したため、その後継事業として平成28年度より市区町村に青色防犯パトロール車輌を寄贈する取り組みを行っている。今回は大阪市(生野区・淀川区)、吹田市、守口市、東大阪市、泉南市、河南町の7市町にそれぞれ青色防犯パトロール車輛を1台ずつ寄贈した。

贈呈式の冒頭、挨拶に立った平川容志理事長は「地域防犯や社会貢献活動などへの支援、寄贈等は大遊協傘下の593店舗組合員の協力の下に実施している。このような私どもの活動にご理解を頂き、今後とも吉村知事をはじめ行政各機関や府民の皆様のご支援ご協力を賜りたい」と述べ、吉村知事に自動車キーを手渡した。

また、吉村知事は「安全で安心な街づくりは行政だけでなく地域や民間の協力があってこそ実現できるもの。その中で青色防犯パトロールは、子どもの見守りや犯罪抑止など重要な役割を果たしており、今後もさらに安全で安心な街づくりを大遊協と一緒に目指していきたい。新型コロナ対策においては、無理なお願いを申し上げたところもあるが、今後も感染拡大を抑えつつ活気のある大阪を取り戻すためにも、官民一体で努めて参りたい」と述べ、同組合に対し感謝状を贈った。

大阪府遊協が寄贈した青色防犯パトロール車輌

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.