パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

日遊協、定款変更し「21世紀会決議」違反ホールを資格停止、ペナルティは10月から

投稿日:

日遊協(庄司孝輝会長)は7月16日、TV会議方式で第2回定例理事会を開催した。

庄司会長は冒頭、「6月18日の総会において、理事の皆様より組合運営の多岐にわたるご提言をいただいた。総会後より、ZOOM を利用した『正副会長会議』等を積極的に開催し、それらのご提言の実現に向けた取組を進めてきた。本日は、新体制下で初めての理事会。改革の第一歩となる新しい施策を皆様にご審議いただきたい」と挨拶した。

理事会では、6月23日に開催された21世紀会で、5月20日付の「21世紀会決議」(誓約書)に違反したホールを資格停止にできるよう各団体の規程の整備が求められたことから、臨時総会を開催して定款の変更を行うことを決めた。変更案では、5月20日付の「21世紀会決議」の順守を求めるとともに、決議に違反した会員には定款に定める処分、「資格停止」を講じることができるという条文を追加する。臨時総会は9月11日に開催予定で、ペナルティは10月1日から施行となる見通し。そのほか、新型コロナに伴う休業要請に応じないホールに対して退会勧告等を行ったが、その手順等について総会でも理事らから意見があったことを受け、会員に関する規程の整備を行うことも決めた。

また、「日遊協の在り方・改革PT」の設置について、PTは新経営者会議のメンバーを含め15名で構成され、室長は韓裕副会長、リーダーは西村拓郎副会長、アドバイザーに中村昌勇副会長、樋口益次郎副会長、大久保正博理事が就任。7月21日に第1回会合を開催予定で、今後はZOOMを使い、週1~2回の頻度で開催予定との報告があった。そのほか、家族申告プログラム「助言機関」についての説明やギャンブル等依存症対策推進基本計画(令和元年の進捗状況について)概要、遊技業界データブック2020の発刊についてパイロット版を承認したことが報告された。

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.