パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

ダイナム全店舗で完全分煙化宣言!先行実験店データを公表

投稿日:

川野取締役(左)と松岡取締役。先行実験店の検証データを「設備・施設関連」と「顧客・営業データ」に分けて解説した

ダイナム(藤本達司代表取締役)は1月15日、都内千代田区にあるトラストシティカンファレンス・丸の内において、「ダイナム2020完全分煙化プロジェクト」プレス発表会を開催し、2020年4月から同社全店舗の「完全分煙化」を発表した。また、同社がこれまで蓄積してきた先行実験店や完全分煙型ホール「ダイナム信頼の森」の検証データや工事費用、臭気対策の結果などを公表、解説しながら、業界全体の分煙化を強く訴え掛けた。

藤本社長は、「ダイナム全店舗(406店舗)で分煙を展開し受動喫煙のない健康的なホールを提供する事を宣言します」と、ダイナム完全分煙化宣言を行うとともに、安全性の担保されない加熱式タバコによる受動喫煙もなくし、法改正の趣旨を満たすための対策をとることを説明。また、パチンコホールの原則屋内禁煙化に対する一般認知の低さを課題にあげ、リーディングカンパニーとして業界のさらなる分煙化に寄与していく方針を掲げた。

藤本社長は挨拶で「パチンコユーザーの約半数が喫煙している現状において、ホールの禁煙化に不安を覚える事業者も多いと思うが、業界はこれからも足並みを揃えて法改正の趣旨に沿った対策を採るべきだと考えている。全体の喫煙率が減少している中、喫煙可能のホールは多くの非喫煙者などの見込み客を遊技から遠ざけている可能性もあるのではないか。何よりも社会からの要請が今回の改正健康増進法。ダイナムは安全・安心なパチンコをつくっていきたいという思いで、多くの皆様に『パチンコ店は変わる!』というメッセージを伝えたい」と今プロジェクトの意義を説明した。

先行実験店の検証データでは、「臭気減少実験でわかった設備・施設対策」(川野創平取締役/設備・施設担当役員)、「分煙化による客層の変化とは」(松岡大成取締役/営業担当役員)について、グループ5店舗の先行実験データを公表しながら解説した。その中で、喫煙ルームの仕様や利用状況、また臭気判定士による臭気測定結果も報告。さらに分煙化に伴うオペレーションでは、離席時におけるトラブル防止のための「喫煙専用離席カード」や、分煙化を知らないユーザーに向けた情報発信、喫煙する店舗スタッフのタバコ臭対策などにも触れた。

同社の喫煙室は店舗の規模に応じて定員9名ほどを標準仕様としており、さらに店外に喫煙所を設置し低コスト化を図ったという。喫煙室の工事費用は1店舗あたり約250万円で、グループ全体では今プロジェクトの費用として約10億円を見込んでいる。

発表会ではこのほかに、ダイナム健康サポーターのプロスカッシュプレイヤー松井千夏選手(SQ-CUBE PRO所属)と杉本梨沙選手(ダイナム所属)をゲストに迎え、「パチンコと健康」をテーマにトークセッションが行われた。「パチンコホールの分煙化は非喫煙者の多い若者や女性客にとって大きなプラスになる」(松井選手)、「分煙後はホールに行ってみたい」(杉本選手)などの意見が挙がった。

フォトセッションに臨んだ左から松井選手、杉本選手、藤本社長、同社公式キャラクターのモリスケ

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.