パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

GW中の営業成績やオープン事例を紹介/全遊振

投稿日:

全遊振は6月13日、都内台東区のホテルパークサイド上野で定例セミナーを開いた。

同組織の執行部による講話に続き、第2部ではサン電子情報戦略部ITコンサルティング課の北瀬紳一郎課長が登壇。同社のホール営業データ閲覧サービス「TRYSEM」の情報をもとに、今年GWの新規則パチンコ機、パチスロ6号機の実績を紹介した。

また第3部では、高橋和輝事務所の高橋和輝代表が、主に最近のグランドオープン事例を紹介。機種構成、内装、営業方法といった観点で、各ホールの強みや特徴を解説し、受講ホール企業の日々の営業にヒントを与えた。また同氏はオープン事例の紹介にとどまらず、差別化がますます難しいホール営業で業績を上げるためのノウハウを紹介。

高橋代表は「稼働を上げるには結局のところ人。やる気があれば必ず稼働は上がる。まずは店舗スタッフにヒアリングを行い、店舗スタッフにどうすれば良いかなど発言してもらう。その上で粗利目標を達成する道順を説明する」などとアドバイスした。

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.