パチンコ、パチスロ業界ニュース

2月秋葉原で「みんなのパチンコフェス」開催決定/日工組

投稿日:

日工組は12月19日、都内中央区の同組合会議室において、2月23日(土)・24日(日)の2日間、ベルサール秋葉原で実施される日工組主催イベント「みんなのパチンコフェス」に関する記者会見を行った。

冒頭、主催者を代表し、筒井公久理事長が挨拶。「現在は旧基準機と新基準機の遊技機が混在する過渡期だが、2021年1月末には全ての遊技機が新基準機に入れ替わる。新基準機の普及促進を図りながら、参加人口減少に歯止めをかけるべく休眠層にも訴求していきたい」とイベントの趣旨を説明した。

続いて、広報特別委員会の盧昇委員長が「このイベントは“連れパチ”をテーマに、未発表機種を含む最新台約150機種を展示する。パチンコファンはもちろん未経験者にも楽しさを体験できるエリアも用意し、50台ほど設置される疑似ホールでの試遊体験を通して手厚いサポートを行っていく。B1Fは試打フロアで、1Fでは各メーカーがコラボした様々な番組をタレント達と作り上げていくようなステージ構成となっている」と開催概要を語り、来場客数8,000人ほどを見込んでいるとした。

本イベントは、18歳以上なら誰でも無料で楽しめるイベントとなっており、設置機種等に関する情報は1月21日(月)に開設される公式サイト(https://pachifes.com)で公開する。18社以上のメーカーが出展予定(12月19日現在)。

写真左から広報担当の榎本善紀副理事長、筒井公久理事長、盧昇広報特別委員長

-業界ニュース

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.