パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

純増3.5枚、ノンストップAT搭載/「戦コレ![泰平女君]徳川家康」

投稿日:2018年9月26日 更新日:

コナミアミューズメントは9月26日、都内港区のコナミホールでパチスロ新台「戦コレ![泰平女君]徳川家康」のプレス発表会を開いた。

冒頭、同社プロモーション企画室の本田顕一郎室長は「待望の6号機第1弾。我々の中では戦コレという非常に思い入れのあるタイトルで第1弾を迎えることができ、大変期待の掛かった製品」と述べ、今後も6号機を盛り上げたい旨の挨拶を行った。

本機は、戦コレシリーズの中でも特に人気の高い「徳川家康」を主人公とし、徳川四天王や盟友の最上義光など人気女性キャラクターによる新ストーリーや映像が楽しめる。

特徴は、純増約3.5枚という高純増かつ、メダル減少区間なしのノンストップATを実現したこと。AT「戦国タイム」は1セット30G、シナリオ管理型タイプ。消化中のレア役入賞等で、継続ストックの上乗せやボーナスの抽選を行う。ボーナス(疑似)は3種類で、それぞれベルナビ10回、20回、30回と継続ゲーム数が異なり、この間も継続ストックやボーナス等の抽選を行っている。このほかにも、5号機とそん色のない出玉性能を有するフリーズや、特定条件を満たすことでエンディング後に移行し、全ての抽選回数が2倍となる裏戦国タイムなど、多彩な出玉トリガーが盛り込まれている。

通常時は、天井や周期タイプなど、5.9号機では不可能だった要素を復活させ、徹底的に“面白さ”を追求し、高実績機「麻雀格闘倶楽部」「GI優駿倶楽部」同様、本機にはコレマップシステムを採用した。本機の同システムは、1周期約47G×シナリオ10種類で構成され、最大16周期で天井に到達する。各周期の消化中はベルやレア役でカードのレアリティとガチャを育成。カードのレアリティはその周期でのAT期待度を示唆し、ガチャはAT当選時の継続シナリオ先を示唆する。カードのレアリティやガチャの種類によっては、AT確定あるいはAT高継続シナリオを示すこともあり、常に期待感を持った遊技を実現している。

本機の導入開始は11月を予定。

◾️PV

©︎Konami Digital Entertainment,NAS/「戦国コレクション」製作委員会
©︎Konami Amusement

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.