パチンコ、パチスロ業界ニュース

マルハンが「ギャンブル等依存問題研究会」を実施

更新日:

㈱マルハン(韓裕代表取締役)は8月28日、千葉県浦安市のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルで、ギャンブル等依存問題勉強会を実施。店舗責任者ほか474名が参加し、依存問題に対する理解を深めた。

勉強会には講師として認定NPO法人リカバリーサポート・ネットワークの西村直之代表理事が登壇し、「ギャンブル等依存症対策基本法」の背景や、「ギャンブル等」「ギャンブリング」といった用語、本人やその周囲に対し悪影響を与える「Problem Gambling(問題あるギャンブリング)」、世界のゲーミング産業において統一した依存対策として進んでいる「Responsible Gaming(責任あるゲーミング)」等について講話。

同氏は「どのような産業でも発展する過程で負の問題が発生する。問題に対して対策を行うことは事業者としての社会的責任。マルハンの理念(マルハンイズム)において、地域社会との『共感・信頼』関係の構築や、世界レベルのエンターテイメント企業として在るためには、依存問題に対しての積極的な取り組みが必要」と話した。

同社では、今回の勉強会実施の他にも、日遊協が主催するの依存問題プロジェクトチームへの参画し、業界全体で策定している「依存問題対応ガイドライン」のアップデートや効果的な施策の検討を行っている。また、一言で「依存」といっても実際は複雑なメカニズムを有する「依存」に関して研究を行う「NPO法人 依存学推進協議会」を通じ、その共同研究に2010年より継続して取り組んでいる。今後も同社では「依存の未然防止など、お客様を守る活動に取り組む」という。

-業界ニュース, 社会貢献活動
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.