パチンコ・パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

平成30年7月豪雨で山佐直営店「エンドレス真備店」が浸水

投稿日:

西日本を中心に甚大な被害をもたらした平成30年7月豪雨。その中でも被害の大きかった岡山県倉敷市真備町では広範囲に渡って冠水、パチンコホール2店舗が浸水した。そのうちの1店舗であるパチスロメーカー・山佐㈱の直営店「エンドレス真備店」(パチンコ120台、パチスロ174台)を訪れ、当時の状況や復旧に向けた取り組みを取材した。

真備町において大雨特別警報が発令されたのは7月6日(金)の22時頃。同店ではその3時間ほど前から発令されていた避難準備等の警報に従い、遊技客に理解を促しながら19時30分頃に閉店し、23時にはスタッフ全員が帰宅した。1級河川・高梁川水系の支流が決壊したのは23時頃。決壊からすぐに地区全体が冠水した訳ではなく、店舗が浸水したのは翌7日の朝6時頃だったと同店の藤本悟志マネージャーは当時の状況を振り返る。

正面入口の上部に描かれた『ケロット』まで水が浸かっていたようで、その跡が取材時も残っていた。その高さは約6m。店内に入り遊技機の状態を見ると、島もろとも水没したことが一目でわかった。天井に残された斑模様の汚れからは水が上層部にまで達していたことが見て取れた。

壁に掛けられた液晶ディスプレイまで水に浸かったことが見て取れる。

取材時(7月20日)は水道が復旧し、店内の泥や水に浸かった備品の掃き出しは完了していたが、電気は復旧しておらず、電子キーで管理されている遊技機を専門業者が開ける作業を行っていた。島から遊技機を全てはずした後、島を取り壊すとのことだった。

「営業再開の目処はまだまだ立たない状況だが、何よりも地域との共生を大切にしたい」(山佐㈱・吉国純生執行役員)との思いから、7月15日より同店の駐車場の一角を、炊き出しや飲み物の提供、支援物資の受付などに役立てるため、岡山みらいライオンズクラブに開放。また、近くにボランティアの集合場所などがあり、トイレ不足が問題となっていた事から、簡易トイレの設置も行った。所属する岡山県遊協の玉島支部からは水やパンといった支援物資が届けられたが、同店のみで使用せず、ライオンズクラブを通じて地域住民に配布しているという。

今回の豪雨の影響により岡山県全体でパチンコホール4店舗が休業、営業再開に向けて復旧活動を続けている。

店頭には玉箱や遊技チェアー、ロッカーなどの備品が積み上げられていた。

遊技機の中を見ると、粒子の細かい泥が付着している。

ライオンズクラブに協力

取材時、エンドレス真備店周辺では電気・ガスは復旧しておらず、信号も消えたまま。

-PICK UP, 業界ニュース

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.