パチンコ、パチスロ業界ニュース

京都青年部会が恒例のチャリティゴルフを開催

投稿日:

京都府遊協青年部会(白川智久部会長)は7月24日、京都府亀岡市の亀岡カントリークラブにて第19回社会貢献事業チャリティゴルフ大会を開催した。

このチャリティゴルフ大会は、同青年部会が社会貢献事業の一環として2000年より毎年実施している活動。大会を通じて集まったチャリティ金は、京都府下の社会福祉施設に寄付している。19回目となる今大会には、京都府遊協の組合員・青年部会員をはじめ、近隣府県の青年部会員、関連企業などから81名が参加した。

プレー終了後に催された表彰式及び懇親会で挨拶に立った白川智久部会長は「毎年、ご参加頂いている皆さまのおかげでたくさんのチャリティ基金が集まっている。本当にありがとうございます」と感謝の言葉を述べ、社会貢献活動は続けることに意義があるとして、今後も継続して開催していくことを誓った。

東京ヤクルトスワローズの青木宣親選手のサイン入りバットなどが出品されたチャリティオークションでの収益金、ニアピン賞対象ホールでワンオンできなかった場合に1,000円のチャリティを募るなどし、当日集まったチャリティ金は約73万円。チャリティ金は今年11月29日に京遊連社会福祉基金、京都府遊協と合同で開催される寄付・助成金の贈呈式において京都府下の社会福祉施設に寄贈されるという。

 

-業界ニュース, 社会貢献活動
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.