パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

「超パチンコ&パチスロフェスティバル2018」開催

更新日:

㈱ドワンゴ(荒木隆司代表取締役)は4月28日、29日の2日間、千葉県千葉市の幕張メッセにて、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の巨大フェスイベント「ニコニコ超会議2018」を開催。2日間での会場来場者数は16万1,277人、ネット来場者数は612万1,170人と過去最大の動員数を記録し、多くのニコニコユーザーが日本の“文化祭”を満喫した。

パチンコ(パチスロ)業界関連では、業界団体と企業で新たに組織された「超パチフェス2018製作委員会」がブースを出展。例年出展している「超パチフェス」に加え、今年は上野のショールーム8ヵ所(特設含む)を活用したファン向けイベントを同時開催し、事前公募で選ばれたファン120名を招待した。

各ショールームでは導入済みのパチンコ(パチスロ)人気機種以外にも、市場に導入される前の新台も設置され、集まったファンは人気ライターの解説を聞きながら充実した時間を過ごしていた。これらショールームでの交流は生中継で放映された事に加え、You Tube上に設置された特設チャンネルでも放送。会場に来られない視聴者にも幅広く訴求できる形の業界PRイベントとなった。

 

幕張メッセのブースでは、人気コンテンツの「おそ松さん」や、地下アイドル「仮面女子」、お笑いコンビの「トレンディエンジェル」など豪華出演者達が会場を盛り上げ、年齢を問わず誰もが遊べるジャンボパチンコも設置。子供から大人まで楽しめるブースとしてユーザーからの注目を集めていた。

メーカー企業からは、三洋グループがブース出展。関連動画の再生数5,100万回を超える人気コンテンツ「アイマリン」に特化したブース内では、アートディレクターのわかむらPと人気声優を交えたトークステージやダンスステージの他、「パチスロ聖闘士星矢~海皇覚醒~」のART「女神覚醒」が体感できる上乗せチャレンジ、「パチスロ大海物語4」の体験試打コーナー、昨年好評を得た「海物語お菓子キャッチャー」が設置され、いずれも長蛇の列ができるほどの盛況ぶり。

さらに開催初日には未発表機種の「CR大海物語4 BLACK」を最速披露し、グラビアアイドルとサムに扮したマッチョと試打できるスペシャル試打コーナーには多くのファンが詰めかけ、ブース内は熱気に包まれていた。

-PICK UP, 業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.