パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

福祉関係団体等に約300万円を寄贈/都福祉事業協会

投稿日:

京都府内のパチンコ店の景品の納入などを扱う業者で構成される一般社団法人都福祉事業協会(神谷俊昭代表理事)は2月8日、京都市中京区の京都ホテルオークラにて平成29年度寄付・助成金贈呈式を開催した。

15回目となる今回の贈呈式では、京都府、京都市、全国車いす駅伝競走大会実行委員会、公益財団法人京都新聞社会福祉事業団に対しそれぞれ50万円の寄付金、また京都府下の社会福祉施設や各種ボランティア団体など14団体に約100万円を助成金を贈呈。今回の寄付を受けて、京都府、京都市、全国車いす駅伝競走大会実行委員会、公益財団法人京都新聞社会福祉事業団の4団体より感謝状が贈られた。

式典の冒頭、挨拶に立った神谷俊昭代表理事は「当協会は毎年の寄付・助成金の贈呈を通じて、皆さまの尊い活動に参画できることを誇りに思い、少しでも地域福祉の増進の役に立てればとの想いで活動を続けている。受納される団体の皆さまには貴重な浄財を効果的に活用していただきたい」と語った。

都福祉事業協会では平成15年の設立以来、毎年、福祉関係団体に対し寄付・助成を行っており、累計寄付・助成金額は約9,500万円に上る。

-業界ニュース, 社会貢献活動
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.