パチンコ・パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

アサヒディードがチャレンジシップフォーラムを開催

投稿日:

㈱アサヒディード(板倉孝次代表取締役社長)は11月28日、大阪市福島区の堂島リバーフォーラムにて「チャレンジシップフォーラム2017」を開催。会場には、従業員(内定者やアルバイトスタッフを含む)とその家族、取引先企業などからの招待客を含め約620名が集まった。

冒頭、板倉行央代表取締役会長は、社員及び関係各位に感謝の言葉を述べ「本日は、アサヒディードが互いに成長し変容し続けるサービス提供集団であるとの思いを、このチャレンジシップフォーラムでご覧いただければ幸せ」と挨拶。続いて登壇した板倉孝次代表取締役社長は「これからの時代は、以前の成功体験だけでは100年企業を維持する事が出来ないだろう。大企業や銀行、パチンコ業界も将来が不透明な時代。この時こそ、社長がリーダーリーダーシップを発揮していく。金太郎飴のような同じ人材を育成するのではなく、様々な考えを持つメンバーが取り組んだ活動を壇上にて発表して欲しい」と、檀上チームにエールを送った。

当日は、檀上チームに選出された「イルサローネ大和田店」、「イルサローネ東住吉店」、「イルサローネ茨木店」の3チームが、期間中に取り組んだ活動内容を発表。その後、参加者による投票の結果、「イルサローネ茨木店」が『チャンピオンオブチャレンジャー』に輝いた。

「イルサローネ茨木店」の活動テーマは「集客維持店舗の挑戦!」。地下、1階、2階という3フロア構成の同店では、お客様の来店動機を作るためにカウンターでの声掛けを見直し、会員カードの利用価値を3回、推して伝えるという「3推し」や「お使いサービス」に取り組むなどし、活動期間平均して1日5名の増客に繋げた。

「チャレンジシップフォーラム」は、2007年の設立40周年記念事業として発足。前身となる社員大会は社員のみの参加だったが、2007年の第1回チャレンジシップフォーラムから参加対象を全従業員とし、全店舗を店休日とした全社行事として継続実施している。11回目の開催となる今回のテーマは「100年企業を目指して~新生アサヒディードの挑戦~」。

チャンピオンオブチャレンジャーに輝いたイルサローネ茨木店のメンバー

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2017 All Rights Reserved.