パチンコ、パチスロ業界ニュース

佐野理事長再任、パチスロ規則改正 「指示機能を規則内に」と要望/日電協

更新日:

日電協(佐野慎一理事長)は6月9日、都内千代田区のパレスホテルで第37回通常総会を開催。役員改選では、佐野慎一理事長(山佐)を再任。このほか、兼次民喜筆頭副理事長(オリンピア)、片田富穂副理事長(パイオニア)、小林友也副理事長(北電子)らが新役員として名を連ねた。

総会冒頭、佐野理事長は「本年度も新流通制度の円滑適正な運用や、不正改造対策の強化、高射幸性遊技機の更なる撤去促進、依存問題のなお一層の取り組み強化など、前年度にも増して課題を抱えているが、一同、力を合わせてこれらの課題を乗り切らなければならない」と挨拶。問題解決に向けて、組合員の更なる一致協力を求めた。

加盟メーカーによるパチスロ新台の販売状況を表す同組合の証紙発給枚数は、平成28年度(平成28年4月~平成29年3月)分で60万3,554枚と、昨年度に比べて9.2%の減少となった(平成27年度は66万5,377枚)。

記者会見で佐野理事長は、今後最優先すべき課題を問われ「6号機の規則改正と、5.9号機基準への対応」を挙げた。このうち、6号機の規則改正に関する詳細については明言を控えつつも、行政への要望に関連することとして「今回の規則改正の大きなところは、指示(ART)機能をどうするかということ。指示機能については現在、規則の中にないので、その取り入れ方についての要望を既に出している。これからも話を進めながら決めていきたい」と述べた。

総会後の懇親会では、多数の業界関係者が出席したなか、衆議院議員の平沢勝栄氏、警察庁保安課の古閑誠弘専門官、全日遊連の阿部恭久理事長、日遊協の庄司孝輝会長らが祝辞を述べた。阿部理事長は依存問題の解決に関連することとして「回胴式遊技機の撤去についても着々と進めなければならない」と言及。「貴組合の協力が前提となり、必要不可欠である」とした上で、新基準に該当しない遊技機の設置比率の目標値の検討と、高射幸性遊技機の削減目標について「連携を図りながら一日も早く健全な遊技環境が構築できるようともに歩みを進めさせて頂きたい」と話した。

■新役員一覧(※敬称略)
理 事 長  佐野 慎一
筆頭副理事長 兼次 民喜
副理事長   片田 富穂
副理事長   小林 友也
専務理事   原田 宗宏
理   事  国本 籍雄
理   事  岩堀 和男
理   事  信田 裕一郎
理   事  平野 薫美
監   事  國吉 和宏
監   事  大泉 秀治
相 談 役  里見 治
相 談 役  石原 昌幸

佐野慎一理事長

新役員

 

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.