パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

京都府などに約300万円を寄贈/都福祉事業協会

投稿日:2017年2月8日 更新日:

一般社団法人都福祉事業協会(森田昱代表理事)は2月7日、京都市中京区の京都ホテルオークラにて平成28年度寄付・助成金贈呈式を開催。京都府、京都市、全国車いす駅伝競走大会実行委員会、公益財団法人京都新聞社会福祉事業団に対しそれぞれ50万円の寄付金、また京都府下の社会福祉協議会やNPO法人、各種ボランティア団体など11団体に計100万3,000円の助成金を贈呈した。

都福祉事業協会は、京都府内のパチンコ店の景品の納入などを扱う業者で構成される団体で、協会員の収益の一部を福祉関係団体へ寄付・助成などを目的に平成15年に設立。寄付・助成金贈呈式は今回で14回目、これまでに延べ231団体へ総額9,261万6,424円を寄贈してきた。

式典の冒頭、挨拶に立った森田昱代表理事は「今の私達に出来ることを出来る範囲で支援させて頂き、そしてこの事業を継続させることがさらに社会福祉の向上に繋がることを信じて、今後ともこの事業を続けていきたい」と述べたほか、受納団体に対して貴重な浄財を効果的に活用して欲しいと呼び掛けた。

なお今回の寄付・助成に対し、京都府、京都市、全国車いす駅伝競走大会実行委員会、公益財団法人京都新聞社会福祉事業団の4団体より感謝状を受けた。

贈呈式

 

-業界ニュース, 社会貢献活動
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.