パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

第2回「ぱちんこ遊技週間」を実施――関西遊商

投稿日:2015年8月5日 更新日:

関西遊商(草加和徳理事長)は、8月2日から8日までの1週間を「ぱちんこ遊技週間」とし、期間中に組合員がホールでぱちんこを遊技するというイベントを実施した。

「ぱちんこ遊技週間」は、和久田守彦前理事長の「みんなでパチンコをして、パチンコについて話し合いましょう」という呼び掛けから実現したイベントで、昨年に続き2回目の実施。組合員のぱちんこ遊技を促すと共に、遊技を通じてぱちんこの面白さを知ってもらうことが狙い。「お金がかかり過ぎてしたくても出来ないという人もいるだろう。そういった状況を知るためにも1人でも多くの組合員がぱちんこをして欲しい」という和久田前理事長の考えから、遊技した組合員にはレポートを提出すれば市場調査費として組合から2万円が支給される。

プライベートでも時間が空いた時にはぱちんこをするという草加和徳理事長は、イベント期間中の8月5日に大阪市内のホールに足を運び、ぱちんこ遊技を行った。草加理事長は「業界関係者でもぱちんこが離れが進んでいる中で、我々の様な業界に携わる人々が率先してぱちんこを遊技し、面白さを改めて理解して欲しい」と話し、今後も継続していく考えを示した。

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2023 All Rights Reserved.