パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

松原理事長、「更なる健全化に向けた施策を」――中国遊商

投稿日:

中国遊商(松原陽輔理事長)は1月9日、広島市内のリーガロイヤルホテル広島において、平成27年新年互礼会を開催。来賓に広島県遊協・池田仁志理事長、日遊協中国四国支部・後藤信行支部長らを迎え、新年を祝った。

冒頭、新年の挨拶を述べた松原陽輔理事長は「不正の排除、のめり込みの防止、ユーザーの開拓、遊技の在り方など、取り組まなければならない様々な課題が山積する中、当組合ではリカバリーサポート・ネットワークへの協力や新たなファンの開拓に向けた施策など、微力ながら協力できるところから協力していく」と語った。また、中古遊技機流通事業については、遊技機取扱主任者に対する指導・教育や実技研修の内容のより一層の充実強化を図り、更なる健全化に向けた施策に取り組んでいくとした。

続いて、来賓を代表して挨拶に立った広島県遊協の池田理事長はスロット規制、のめり込み問題、ECO遊技機といった業界を取り巻くトピックスについて言及。また、カジノについては「カジノが実現すればギャンブルであるカジノと遊技であるパチンコの棲み分けが非常に難しくなる」とし、今後は景品システムにも言及されていく可能性があるという考えを示した。最後池田理事長は「参加人口を回復するように努力することが何よりも必要。これに取り組むことが我々がこれから生きていくための重要な使命である」と、業界全体が団結、協力し合うべきだと強調した。

-業界ニュース

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.