パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

創立20周年記念式典開催、「業界のイメージアップを」――同友会

投稿日:

同友会(松田高志代表理事)は10月15日、都内千代田区のホテルグランドアーク半蔵門にて、創立20周年記念式典を開催。式典には、業界関係者を中心に多数の来賓が出席した。

冒頭には、同友会20年間の歩みがスライドで上映されたほか、行政講話では警察庁生活安全局保安課・大門雅弘課長補佐が楠芳伸課長からのメッセージを代読し、日遊協の庄司孝輝会長が祝辞を述べた。

主催者を代表し挨拶を行った松田高志代表理事は、これまでの20年を振り返った上で、「成人を迎えた我々同友会は、かつてもこれからもパチンコ・パチスロ産業を愛し、より成長させ、走り続ける。ホール経営者の意識改革こそが、産業の発展の道筋であり大変重要だ。ファン人口が1,000万人を切った危機的な状況の中で、自社の利益を追求し続けることに疑問を感じている。そして、今こそ各団体の垣根を越えた議論、スピード感ある実行力が必要。業界統一窓口広報を設置し、業界の現状や取り組みを国民に広く知ってもらい業界のイメージアップを図ることが何よりも肝要。ひとつの手段として、横断的組織である日遊協様へすべての団体が団体加盟し、団結をより強固にすることこそが産業消滅の危機を回避できる方法だと私は考えている。現時点では多くの国民からノーを突きつけられているこの産業。このノーに向き合い、ひとつずつイエスを積み上げていくことこそが我々の未来に繋がる」と、ファン人口回復に向けての抱負を述べた。

その後に開かれた記念祝賀会では、全日遊連・阿部恭久理事長、日工組・金沢全求理事長、日電協・里見治理事長らが祝辞を述べ、同組合が推進する秋葉原アンテナショップ(仮)のイメージ動画を公の場で初上映した。

また当日は、吉田ソースの吉田潤喜会長による記念講演や、「業界トップが語る、パチンコ・パチスロの未来」をテーマに、業界5団体のトップらによるパネルディスカッションも催された。

-業界ニュース

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.