パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

チラシ広告への標語盛り込み、来年4月以降も継続実施――全日遊連

投稿日:

全日遊連(阿部恭久理事長)は11月19日、都内港区の第一ホテルで全国理事会を開催。参与の補充として平岡聖教氏(福岡県遊協の副理事長)を承認したほか、のめり込み問題への対応等について審議及び決議を行った。

同組合では9月の理事会で、のめり込み問題の対応として、各ホールが打つチラシ広告の一部に「パチンコ・パチスロは適度に楽しむ遊びです」「のめり込みに注意しましょう」という標語を盛り込むことを決議。各ホールは決議内容に基づき10月1日以降、順次実施している。今回の理事会では、同様の取り組みを来年4月以降も継続して実施することを決議した。

阿部恭久理事長は、のめり込み問題の対応について「現状、施策を実施しなくても罰則はない。またチラシ以外の媒体へ標語を盛り込むことは各組合員の任意となっている。この施策が業界全体に浸透するのはまだまだ時間が掛かる。組合員に、趣旨や意味合いを理解させ、次のことを考えて進めなければならない」と話した。

また当日は、来年の賀詞交歓会の概要が報告され、同交歓会は来年1月27日に都内港区の第一ホテル東京で開かれる予定で、出席者は業界14団体及び業界・一般マスコミ関係者ほか、来賓として警察庁、健全化推進機構、保通協、リカバリーサポート・ネットワーク関係者を招き、総数400~450名の参加規模となる見込みだ。

-業界ニュース

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.