パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

アンテナショップは『業界の公共事業』――同友会

投稿日:

同友会(松田高志代表理事)は11月19日、都内台東区の事務局にて、11月度定時理事会後の記者会見を開催した。

賛助会員含む63社103名が出席した理事会では、新たに正会員として㈲サン・ファイン(金海賢寿専務取締役)、賛助会員としてコア電子㈱(遠藤政志代表取締役)、㈱HR(中農竜二代表取締役)、キングレックス㈱(周景星取締役)4社の新規入会が承認可決された。これにより組合員総数は正会員53社、賛助会員70社の計123社となった。

会見では、創立20周年記念式典の総括をはじめ、各委員会からの報告がなされた。PR強化委員会からは、企画中の秋葉原(仮)アンテナショップについて、10月22日に開かれた遊技産業PRワーキング・グループ会議での企画提案では、主観ではあるが好感触を得たとし、今後も引き続き業界の公共事業という位置づけで他団体の支援を仰ぎながら推進していく方針を示した。報告にあたった金光淳用副代表理事は「例えば敷地面積は100坪ほどで、風俗営業に該当しない営業形態などなるべくフリーに活動できる場を考えている。レジャー白書から推測すると、ファンがひとり増えることで売上高は貸玉料金で200万円、15%の粗利で年間30万円、1万人増えたならば30億円の粗利が増える。数億円の投資だが、ファンを創出するためのショップとして賛同してもらえたら」と語った。

また、ホールサポート委員会では、市場に投入されているカスタマイズ機について具体的な実態調査、メーカーとの意見交換を進めるとした。同委員会では特定のホールに供給する面での条件や導入結果を来年3月までに調査し、行く行くは同友会としてのカスタマイズ機作りに反映させる方針。

-業界ニュース

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.